2020年には1,000万台の自動運転車が走る見込み

by Yukari Mitsuhashi Yukari Mitsuhashi on 2016.4.30

image via. BI Intelligence
image via. BI Intelligence

<Pick Up> 1o million self-driving cars will be on the road by 2020

まだまだ先のことだろうなんてたかをくくっていたら、あっという間にそこらじゅうを自動運転車が走るようになるかもしれません。

既に、メルセデス、BMW、Teslaなどのメーカーが何かしら自動運転機能を搭載した車をリリース、または近いうちにリリースする予定です。また、Googleなどのテクノロジー企業も、今年夏にカリフォルニア州で自動運転車を試験走行することを発表しています。

BI Intelligenceがまとめた調査レポートによると、ここでいう「自動運転」とは、人が介入することなく車が操作される状態のことを指します。道路の状況に関わらず、A地点からB地点までを完全に自動運転する車は2019年に登場する見込みです。

また2020年までに、1,000万台の自動運転車が一般道路を走っているとのこと。コンサルティング会社 KPMGによると、イギリスでは自動運転車によって2014年〜2030年までの自動車事故死亡者数が2,500人減少することが予測されています。

自動運転車が本格的に普及するためには、一般消費者の手が届くところまで価格帯が下がり、法規制などが進むことが必要です。

via. Business Insider

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------