FINOLABで第1回Dentsu Growth Hackersが開催——フィンテックでグロースハックを追求する効用とは?

by ゲストライター ゲストライター on 2016.4.15

本稿は、THE BRIDGE 英語版で翻訳・校正などを担当する “Tex” Pomeroy 氏の寄稿を翻訳したものです。オリジナルはこちら


finolab-picture1

東京のフィンテックセンターである FINOLAB は12日、フィンテック・スタートアップなどに向けた初のグロースハックセミナーを開催した。先ごろ開催された FIBC 2016 の会場ともなったこの施設は、今年2月に東京の大手町・丸の内エリアにオープンした。三菱地所(東証:8802)、電通(東証:4324)や電通国際情報サービス(東証:4812)などの電通のグループが協力するほか、日本の金融イノベーションのための団体 FINOVATORS も支援している。

FINOLAB ではこれまでにも、いくつかの集まりが開催されている、3月30日に開催された Techmeetup の第一回では、CapyGoogle Cloud Platform をフィンテック・サービスに活用する方法についてプレゼンを行った。しかしながら、今回のセミナーは、シリコンバレーで生まれたグロースハックのコンセプトに焦点を当てており、グロースハックはフィンテックと組み合わせることで、将来面白い結果が約束されるだろう。電通ビジネス・クリエーション・センターのプロデューサー片山智弘氏と、デザイナーの浅野大輔氏は、集まった参加者にグロースハックの背景にある基本的な考え方を説明した。

katayama-asano-at-dentsu-growth-hackers

「ビジネススキームから見た、フィンテックのマーケティング戦略」と題されたこのセミナーでは、市場拡大を狙う多くのフィンテック企業を魅了した。片山氏と浅野氏の話を要約すると、PDCA サイクルの応用により、ユーザインターフェース(UI)のみならず、ユーザ体験にも効果的な反映をもたらそうというものだ。二人は、KGI(key growth indicator)や KPI(key performance indicator)を心の中の目盛、言い換えるなら、優先順位として捉えるべきだと強調した。したがって、To B(business)か To C(consumer)かにかかわらず、ユーザや市場とコミュニケーションし、Action に対する良い Check の機会としなければならないとも語った。

片山氏は、類似分野の徹底的な理解、洗剤や食品などの消費者向け商品に見られる重複例(ユーザセグメントは重なっているが、対象顧客が異なっているケース)、それまでの努力を讃えるような過去の記録の活用に、グロースハックを使う上での成功のカギについて、フォーカスして話を進めた。浅野氏は、言葉に頼らずに UX をデザインするインターフェイス・レベルの説明に注力し、ユーザを惹きつける UI の色や画像の使い方について語った。二人とも、グロースハック戦略を練る上で、ぱっと見の印象が決め手となるという点で意見が一致した。

SMILABLE の澁谷洋介氏や、(FINOLAB の初期入居スタートアップの一社である)カレンシーポートの杉井靖典氏ら参加者は、セミナーや会場に大変満足していた。しかし、杉井氏は、FINOLAB の周辺により多くの店ができれば、エンジニアを魅了できるのに…とも語っていた。FINOLAB の活動を担当する電通プランニングマネージャーの蓮村俊彰氏は、FINOLAB を近い将来のグローバルな金融センターへの布石とすることが計画であり、可能であれば、近隣エリアの企業のビジネス活動も進化させたいと語った。蓮村氏によれば、このグロースハックのセミナーは、今年さらに数回開催されるそうだ。

<関連記事>

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------