ついに資産管理アプリ「マネーツリー」が証券口座の自動連携にも対応

by Junya Mori Junya Mori on 2016.4.28

unnamed

サービス開始から丸3年を迎える資産管理アプリ「Moneytree」が、いくつかのアップデートを発表した。目玉となる機能は、国内の証券口座への対応だ。これで銀行口座、クレジットカード、電子マネー、ポイントに加えて、証券口座まで自動で一括管理できるようになった。

「Moneytree」は先日、ユーザ待望のAndroid版アプリをリリースしたが、同アプリのユーザにはファイナンスリテラシーの高い人も多く、「Android版を出して欲しい」という声と同じくらい証券口座への対応が求められていたそうだ。

合わせて、有料プランのほうでも機能追加が発表されている。経費機能などが利用できる「Moneytree plus」では、全ての利用明細をCSV、 Excel形式で出力できるようになった。銀行口座はもちろん、クレジットカード、電子マネー、ポイントまで、口座ごとに出力が可能となっているという。

法人口座閲覧サービスの「Moneytree PRO」では、銀行の法人口座の対応数が1067行まで増加した。これで国内の90%以上をカバーしたことになる。

同社は、2月末にみずほ銀行との連携を発表。発表から約2ヶ月で正式な製品をリリースするに至った。マネーツリーが提供する金融インフラサービス「MT LINK」のパートナー会社も10社以上となており、今後も金融機関との連携を強化していく方針だという。

マネーツリーによるファイナンスデータのクラウドサービス「MT LINK」が、みずほ銀行の「みずほダイレクトアプリ」と連携

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------