Open Network Labが、MVP作成までをハンズオンする短期集中起業支援プログラム「BOOTSTRAP」を始動

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2016.4.5

onlab-bootstrap_featuredimage

デジタルガレージ(東証:4819)などが推進するスタートアップ・アクセラレータ Open Network Lab は5日、新しい起業支援プログラムとして「Open Network Lab BOOTSTRAP(以下、BOOTSTRAP と略す)」を開始することを明らかにした。同アクセラレータが展開してきた Seed Accelerator Program とは異なり、BOOTSTRAP は4回のワークショップ形式からなる短期集中プログラム。プロダクト開発や資金調達よりも手前のフェーズにあるスタートアップ予備軍の掘り起こしを狙う。

Open Network Lab では、これまでのバッチ12回におよぶ Seed Accelerator Program を通じて64組のスタートアップを輩出し、そのうちの約4割が次期の資金調達ラウンドにこぎつけている。一方で、Seed Accelerator Program への応募総数に対し、実際にプログラムへの参加権を手にするスタートアップの通過率は8.4%と依然狭き門だ。通過できなかったスタートアップに共通して見られる傾向として、解決すべき問題が具体的になっていないことが多い、と Open Network Lab のプログラムディレクターで、DG インキュベーションのシニアインベストメントマネージャーの松田崇義氏(写真上・左から2人目)は語る。

onlab-bootstrap-positioning-diagram

そのような問題を解決すべく、BOOTSTRAP では4回のセッションを通じて、

  1. アイデア検証
  2. ユーザーヒアリングの重要性
  3. サービス(MVP=Minimal Viable Product)を作る上で考えるべき3つのこと
  4. プロダクトの上手な見せ方(プレゼンテーションのコツ)

…のテーマに沿ったワークショップが繰り広げられる。講師には松田氏のほか、Open Network Lab の Seed Accelerator Program の卒業生を迎える。初回となる5月27日(金)、28日(土)の東京の回(各日に2セッション実施し、合計4セッションとなる)の定員は40名で本日から募集を開始し、応募の状況次第では東京以外の都市でも開催を検討するとのこと。松田氏によれば、半年に一度3ヶ月の期間で運用されるシードアクセラレータプログラムではタイミングの合わないスタートアップを掘り起こし、東京以外での Open Network Lab の認知度を高める意図もあるそうだ。

日本国内では CVC やオープンイノベーションの隆盛により、インキュベータやアクセラレータの新規参入が相次いでおり、日本のスタートアップ黎明期からあるインキュベータやアクセラレータは、戦略の明確な差別化と練り直しの必要に迫られている。迎える起業家群の裾野を広げつつも、より結果の出せるインキュベータやアクセラレータが求められる中で、Open Network Lab の動きに追随する同業他社は今後増えるかもしれない。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------