BMWに特化したプレミアムカーシェアリングサービス「ReachNow」がシアトルでローンチ

by Junya Mori Junya Mori on 2016.4.12

ReachNow

シェアリングエコノミーが注目を集める前から人々に利用されているサービスが、カーシェアリングだ。

カーシェアリングも色々な変化の仕方を遂げており、中には電気自動車に特化したカーシェアリングサービス「WaiveCar」なんてものも登場している。

またひとつ、特化型のカーシェアリングサービスがシアトルに登場した。カーシェアリングサービス「ReachNow」の特徴は、”プレミアム”さだ。

「ReachNow」で借りられる自動車は、BMWに限定されている。現状、BMW 328xi、BMW i3、MINI Cooper 2 Door、MINI Cooper 4 Doorの4車種だけが利用可能となっている。

利用の仕方は簡単だ。「ReachNow」のアプリ(iOS / Android)をダウンロードし、ユーザ登録を行う。登録には免許証の写真と、ドライバーのセルフィーが必要だ。

アプリから借りられるBMWを見つけ出し、ドライブをする。「ReachNow」の対象となっているエリア内であれば、どこでも駐車が可能となっているので、乗って行きたい場所まで気軽に乗っていける。

『arstechnica』によれば、BMWは「ReachNow」をこの先別のエリアにも展開することを想定しており、BMWやMINIに乗っている人々に「ReachNow」のユーザになってもらいたいと考えているそうだ。

BMWという車があちこちに停車していたり、走り回ったりしていたら、メーカーのブランドイメージにも影響を与えることも考えられる。大手自動車メーカーがサービス領域へと進出してきているのは、とてもおもしろい動きだ。

大手自動車メーカーのフォードも駐車場の予約アプリ「FordPass」をリリースするなど、自社の車やドライバーと連動するサービスの提供を行っている。特定の自動車メーカーによる、モビリティ関連のサービスがどうユーザに利用されるかには注目したい。

reachnow

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------