ハンドメイドC2Cの「Creema」が、グロービスやKDDIらから約11億円を調達——システム開発・マーケティングを強化し、年間流通額100億円を狙う

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2016.5.25

ebata-tatsuoka-marubayashi-azuma-konno
左から:KDDI 戦略推進部長 江幡智広氏、グローバル・ブレイン 立岡恵介氏、クリーマ代表取締役 丸林耕太郎氏、グロービス・キャピタル・パートナーズ プリンシパル 東明宏氏、グロービス・キャピタル・パートナーズ パートナー兼 COO 今野穰氏

ハンドメイド商品の C2C マーケットプレイス「Creema(クリーマ)」を運営するクリーマは25日、グロービス・キャピタル・パートナーズ(以下、GCP と略す)をリードインベスターとする直近のラウンドで約11億円を調達したことを明らかにした。このラウンドは、2014年6月にクリーマが実施した KDDI Open Innovation Fund(略称 KOIF、KDDI とグローバル・ブレインが運営)からの1億円の調達に続くもので、クリーマにとっては、通算で4回目のラウンドとなる。今回のラウンドに参加した投資家は、GCP のほか、KOIF の運営元である KDDI とグローバル・ブレイン、SMBC ベンチャーキャピタルで、創業者で代表取締役の丸林耕太郎氏自身も出資に参加した。

creema-2016_screenshot

Creema のサービス開始は2010年、これまでに6万人以上のクリエイターが登録しており、240万点のハンドメイド商品が出品されている。日本のハンドメイド C2C 市場の流通額成長率が前年比250%であるのに対し(GMO ペパポ決算資料、および、ホビー白書にょる)、Creema では同前年比で450%以上の成長を見せていることを明らかにしている。

ハンドメイド C2C のマーケットプレイスは、日本国内で現在40社ほどがひしめき合う激戦区と化しているが、その取引の多くは、Creema のほか、minne(GMO 系)、tetote(GMO 系)、iichi(株主は、博報堂グループおよび台湾のハンドメイド C2C である Pinkoi)らトップ4に集約されつつあるようだ(GMO ペパポ決算資料 52ページ競合比較表参照)。

<関連記事>

Creema では今回調達した資金を用いて、システム開発の強化に加え、これまでほぼ口コミに頼ってきたサービス認知についてマーケティング活動を本格化させ、2016年の年間流通総額で100億円を狙いたいとしている(これは minne の同年目標とも同額である)。

creema_iosapp_screenshots
Creema のモバイルアプリ

丸林氏によれば、Creema での商品一点あたりの平均取引単価は同業他社の2倍以上となっており、比較的手の込んだ玄人志向の商品が扱われる傾向があるそうだ。また、最近になって、Creema はオーダメイドのフード商品の販売を始めており、ブランジェやパティシエがオリジナルのパンやケーキを販売したり、農家が手製のドレッシングやジュースを販売したりしているのも興味深い。

2016年、ヤフオクとメルカリという日本の C2C 二巨頭をあわせると年間流通額は約1兆円に達しようとしており、ここにハンドメイド C2C の流通が一定量含まれるとしても、伸びしろはまだまだあると考えてよいだろう。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------