利用数が1,000社を突破した「SmartHR」がAPIを公開、まずはマネーフォワード、ソネットとシステム連携を開始

by Junya Mori Junya Mori on 2016.5.25

developer-smarthr-jp

KUFUが提供する社会保険・雇用保険の手続きを自動化するクラウド型ソフトウェア「SmartHR」が、他社製クラウドサービスとデータ連携が可能になる「SmartHR for Developers」を公開した。

「SmartHR for Developers」では、SmartHR上に登録されている自社の従業員情報を、各種クラウドサービスとデータ連携させることのできるAPIやWebhookを公開。

「SmartHR for Developers」の公開に合わせて、すでにクラウド給与計算ソフト『MFクラウド給与』、クラウド型採用管理サービス『Talentio』、クラウド型勤怠管理システム『AKASHI』、クラウド型業務サービス『board』など、クラウドサービス4社との連携、連携に向けての協議を進めており、2016年6月以降に順次各サービスとのデータ連携を実施していく。

データ連携は外部サービスとの連携のみならず、「SmartHR」の導入企業であれば、内製の社内システムと、「SmartHR」のアカウントを連携させることも可能になる。メルカリやVASILYなどの企業では、先行して社内システムへの連携を開始しているという。

APIの公開は、「SmartHR」が以前より実施を発表していた目玉機能のひとつ。「SmartHR」は、今後、外部サービスからデータを取り込んで必要手続きを自動作成する機能や、シングル・サインオンを活用した各種クラウドサービスのアカウント管理など、機能を拡張させる。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------