グリーベンチャーズが70億円規模の2号ファンドを組成へ——日本・東南アジアに加え、インドにも投資を拡大

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2016.5.12

gree-ventures-yusuke-amano-and-tatsuki-tsutsumi
左から:グリーベンチャーズ 代表取締役社長兼パートナー 天野雄介氏、パートナー 堤達生氏

グリー(東証:3632)の CVC(コーポレートベンチャーキャピタル)であるグリーベンチャーズは12日、同社2号目となる新ファンド「AT-Ⅱ投資事業有限責任組合(以下、2号ファンドと略す)」を組成したと発表した。ファーストクローズ時点では、グリーのほか、みずほフィナンシャルグループや国内大手事業会社や金融機関から約40億円の出資約束金が集まっており、2016年12月末までに約70億円規模を目指す。

投資セクターについてはゲーム以外のインターネット全般で、B2B または B2B2C のシードからアーリーのスタートアップを対象とする点については、これまでと大きな変わりはないが、これまでの日本や東南アジアに加え、2号ファンドからはインドへも投資を拡大する。グリーベンチャーズ代表取締役の天野雄介氏によれば、リードインベスターとしてワンショット1〜3億円の投資を目指し、投資先スタートアップの人材や取引先開拓などハンズオン支援も強化する。

なお、グリーベンチャーズからの具体的な出資額は明らかになっていないが、今週発表された「ALLSTOCKER」運営の SORABITO への出資や、「Player!」開発元の ookami への出資は、この2号ファンドからのものだ。今後出資を進める中で、地域別の投資額の割合については、日本:アジアの比率を8:2から7:3、うち「アジアでの案件のうち半分くらいをインドで仕込みたい(天野氏)」としている。

投資活動と対象地域を拡大に対応するため、グリーベンチャーズはチームメンバーも今春大幅に強化した。これまでのコアメンバーである天野氏やパートナーの堤達生氏に加え、2016年4月に Lazada 出身の Albert Shyy 氏(プリンシパル)、インドで起業経験のある Nikhil Kapur 氏(アソシエイト)、ボストンコンサルティンググループ出身の湊雅之氏(アソシエイト)、野村リサーチ・アンド・アドバイザリー出身の根岸奈津美氏(アソシエイト)、ゴールドマン・サックス出身の峰島侑也氏(アナリスト)の5名が新たに加わった。東京での活動拠点についても、これまでの六本木ヒルズのグリー本社内から移転し、日本ベンチャーキャピタル協会・B Dash Ventures・インキュベイトファンドが入居するアークヒルズ KaleidoWorks に合流する予定だ(6/1 予定)。

kaleidoworks-lounge
グリーベンチャーズが入居予定のアークヒルズ「KaleidoWorks」のラウンジ(画像提供:森ビル)

2014年に50億円規模で組成された「AT-Ⅰ投資事業有限責任組合(以下、1号ファンドと略す)」においては、天野氏や堤氏に加え、グリー取締役でもある青柳直樹氏のほか、プリンシパルとして Alan Kuan Hsu(徐冠華)氏が東南アジア地域の出資を統括していた(Alan Kuan Hsu 氏は昨年11月にグリーベンチャーズを退社し、現在は KK Fund に参加している)。1号ファンドでは日本国内16社、東南アジア9社に投資し、償還期限まで8年以上を残した現在でも既に投資額の4割程度が回収できているとのことだ。

堤氏によれば、新ファンドの組成準備に関連し、ここ約半年間にわたって新規出資を止めていたということだが、SORABITO や ookami の出資を皮切りに、Industry Renovation(アドテク・デジタルヘルス・フィンテック)、Mobile Re-Design(既存PC向けサービスのモバイル最適化)、Empowerment People(クラウドソーシングなど)の3つを柱に投資活動を再開するとのこと。ラウンジ空間のある KaleidoWorks に拠点が移ることで、今後、スタートアップとの接点が増えることも期待される。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------