サービス開始1年半で会員数4,000名超、家事代行マッチング「タスカジ」がみずほキャピタル等から資金調達

by Yukari Mitsuhashi Yukari Mitsuhashi on 2016.5.11

Tasukaji-number-of-users-201604

2016年3月にサービス開始から約1年半を迎えた家事代行のマッチングプラットフォーム「タスカジ」。家事のお仕事をしたい個人と、家事をお願いしたい個人とを繋ぎます。1時間1,500円〜という業界最安値の価格帯もあって、2015年12月にはマッチング件数が前年同期間比で約10倍と順調に。今年3月には、予約累計件数が1万件を突破しました。

そんなタスカジを運営するブランニュウスタイルが、第三者割当増資を実施したことを発表しました。調達先は、みずほキャピタル・三菱 UFJ キャピタル・大和企業投資、また個人投資家では渡瀬ひろみ氏とそのほか1名が参画。ブライダル情報誌「ゼクシィ」の生みの親として知られる渡瀬ひろみ氏は、今回タスカジの顧問に就任しています。

タスカジは、「日経 DUAL」の「利用したことがある家事代行サービスランキング」で業界大手の「ベアーズ」「ダスキン」に次いで第 3 位に選出されるなど、その認知度を高めています。今回調達した資金は、サービスの充実や拡大を加速するための体制づくりに使うとのこと。直近の取り組みとしては、サービスのユーザビリティ向上とオペレーション効率化のためのシステム投資と、カスタマーサポートセンターの体制強化を予定しています。

日本人による野菜たっぷりの作りおき料理
日本人による野菜たっぷりの作りおき料理

これまでも取引の多かった外国人によるサービス(英語でのチャイルドケア、外国人によるすべておまかせの掃除)に加えて、日本人による「野菜たっぷり作り置き料理」「整理収納」の取引も増加傾向にあります。こうした新しい傾向は、依頼主とタスカジさん(ハウスキーパー)双方からのニーズに合わせて発展しています。

タスカジではこれまで特にマーケティング活動などは行わず、主にユーザの口コミなどでオーガニックに成長してきました。現在の会員数は 4000 名以上、また登録タスカジさん数は 200 名を超えています。今後も、共働き家庭を中心にユーザ数を伸ばしていくとのことです。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------