Alibaba(阿里巴巴)系のAnt Financial(螞蟻金融)、タイの決済会社Ascend Moneyの株式20%を取得へ

by TechNode TechNode on 2016.6.20

ant-financial_featuredimage

中国商務部が先週月曜日に発表したところによると、中国のEコマース巨人 Alibaba(阿里巴巴)の金融部門である Ant Financial(螞蟻金融)は、タイのサードパーティー決済会社 Ascend Money の株式20%を取得する計画をしている。

この出資は Ant Financial 傘下で香港に上場する決済部門 Alipay (Hong Kong) によって実施される予定。加えて Ant Financial は、この取引が完了する21ヶ月以内に、Ascend Money の株式のさらに10%を追加で取得するオプションを求めている。

Ascend Group の新規部門である Ascend Money は、オンライン決済サービスの True Money や営業免許取得済の金融サービスプロバイダ Ascend Nano の親会社にあたる。Ascend Group は、タイの三大通信会社 True Corporation からスピンオフした企業だ。

中国で支配的な決済プラットフォームを持つ Alipay(支付宝)は、中国国内市場から、次第に速い成長を見せる海外市場に視点を向けているが、そのような海外市場においては、Tencent(騰訊)のライバルである WeChat Payment(微信支付)との熾烈な競争に直面している。

昨年、Ant Financial は、インドでのオンラインバンキング免許を持つ、インド最大のオンラインウォレットプロバイダ PayTM に5億ドル超を出資した。韓国では、通信大手 KT が主導するオンライン銀行 K Bank の立ち上げにも関与したが、政府の規制により、Ant Financial はこのジョイントベンチャーの 2% しか株式を保有していない。

Ant Financial は今年4月、600億ドル以上の市場評価額のもと、シリーズBラウンドで45億ドルを調達している。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

 

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------