VR制作ソフトウェア開発のDVERSE(ディヴァース)が約1億1000万円を資金調達、VR制作ソフトウェアの開発に着手

by Junya Mori Junya Mori on 2016.6.2

service-image

VR制作ソフトウェアを開発するスタートアップ、DVERSE(ディヴァース)が6月2日に500 Starups Japan、Colopl VR Fund、KLab Venture Partners、アドウェイズ、ウィルグループインキュベートファンド、スローガン、エンジェル投資家の川田尚吾氏ほかより、Convertible Note(転換社債)にて103万9000ドル(約1億1000万円)の資金調達を行ったことを発表した

DVERSE(ディヴァース)が創業したのは、2014年10月。2015年7月には、韓国の投資会社であるBonAngels Venture PartnersとViling Venture Partnersより、Convertible Noteにて資金調達を実施している。

ディヴァースが韓国VCとVilingから資金調達、エンタメから教育まで幅広く活躍できるVRコンテンツの開発を加速

前回、本誌でDVERSEを取材してから1年弱が経過し、世間のVRへの注目度は大きく向上した。2度めの資金調達を経た同社は、VR制作ソフトウェア「SYMMETRY(シンメトリー)」を開発する。

「SYMMETRY」は、3DCADデータ/3D モデルファイルを入力し、VR空間内において直観的な操作でシーンの編集と即時の確認を行い、様々な端末向けにVRコンテンツを出力する。

以前からDVERSEがコンテンツ制作に関わっていた教育や職業訓練など、VRコンテンツは様々な用途が考えられるが、「SYMMETRY」はまず建築・土木分野向けに製品を提供することを目指す。

編集している様子
編集している様子

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------