マネーフォワードがネクストと連携、マンションの参考価格がひと目でわかる「HOME’Sマンション参考価格」を提供開始

by Junya Mori Junya Mori on 2016.6.15

20160615_mf_press

お金のプラットフォームを提供するマネーフォワードが運営する自動家計簿・資産管理サービス「マネーフォワード」が、保有するマンションを資産として管理できるようになる「HOME’Sマンション参考価格」のβ阪を公開した

同サービスは、ネクストが提供するマンションの参考価格がひと目でわかる「HOME’Sプライスマップ」と連携し、マンションの参考価格には、ネクストが提供する「HOME’Sプライスマップ」が算出する価格を利用する。

「HOME’Sマンション参考価格」では、ユーザが保有するマンションの価格を「マネーフォワード」に登録する際、参考価格を確認・閲覧することが可能になる。登録した後は、参考価格は随時、市場動向に応じて自動で更新される。

「マネーフォワード」は、利用者が契約する住宅ローン残高の自動取得は可能だったが、保有するマンションなどの資産価値に関しては、ユーザが自ら入力して登録する必要があった。これでは市場動向の動きを合わせてアップデートしていくことが手間となっていた。