中国のネット大手Tencent(騰訊)、K-POPスターのPSYをマネジメントするYGエンターテイメントと合弁

by TechNode TechNode on 2016.6.14

Screen-Shot-2016-06-02-at-12
Image Credit: YG Entertainment

中国インターネット大手 Tencent Holding(騰訊控股)と Weiying Technology(微影科技)は火曜日(5月31日)、PSY、BIG BANG、2NE1など著名人をマネジメントしている韓国のエンターテイメント企業 YG Entertainment(KOSDAQ: 122870)との合弁事業設立を発表した。

さらに、YG Entertainment に対して先日8,500万米ドルの資金投入を行ったことも明らかにした。Weiying Technology と Tencent はそれぞれ5,500万米ドルと3,000万米ドルを投資しており、現在 YG Entertainment の株式をそれぞれ8.2%、4.5%保有していることになる。

この投資ラウンドによって、Weiying と Tencent は、YG Entertaiment 設立者で筆頭株主のヤン・ヒョンソク(梁鉉錫/양현석)氏と LVMH(ルイ・ヴィトン・モエ・ヘネシー)の投資部門 L Capital Asia に続く、第3および第4の大株主となる。Weiying Technology は、Tencent のプラットフォーム QQ と WeChat で利用できる WePiao(微票)というモバイルチケット発券アプリを展開している。

この合弁事業は、中国のアーティストを養成し、中国本土における YG のアーティスト、俳優、女優のデビューに向けた基盤となることを目指す。

Tencent のスポークスマンはプレスリリースで次のようにコメントしている。

これは、中国国内で高まっている音楽、コンサート、バラエティ番組など韓流エンターテイメントに対する莫大な需要に応えるための動きとなります。

(L-W) Lin Ning, CEO of Weiying Technology, Min-Suk Yang, CEO of YG Entertainment, Suman Wang, General Manager of Film/Drama Department and Editor in Chief of Tencent Video
左から:Weiying Technology(微影科技)CEO Lin Ning(林寧)氏、YG Entertainment CEO Min-Suk Yang 氏、Tencent Video(騰訊視頻)の映画/ドラマ部門統括マネジャー兼編集長 Suman Wang 氏

YG Entertainment は既に Tencent のコンテンツプロバイダーとしての役割を果たしている。Tencent の QQ Music(QQ 音楽)は以前 YG との間で独占コンテンツの提携を交わしており、YG のアーティストである BIG BANG が中国のマカオでコンサートを行った時には、Tencent は、Tencent Video(騰訊視頻)のライブストリーミング機能を通してオーディエンスのコンサート視聴をマネタイズしている。このコンサートをオンラインで視聴するために12万人以上のユーザが有料アクセスし、Tencent のストリーミングページにあるバーチャルギフトやグッズを購入する権利を手に入れた。QQ Music サイトでは、BIG BANG が2015年にリリースしたアルバムがデジタルセールスだけでも中国で400万枚以上を売り上げている

この合弁事業は、2人の YG アーティストを特集する Tencent Video のリアリティショー「The Collaboration」も手がける予定だ。また、韓国で流行しているファッションや美容関係コンテンツを提供する他のリアリティショーも企画している。

近年、中国のマルチメディアプラットフォームにおいて、韓国のコンテンツプロバイダーは収益性の高い事業としてのポジションを確立している。今年、韓国のミリタリー恋愛ドラマ「Descendants of the Sun(太陽的后裔/太陽の末裔)」は一部中国の投資家から資金提供を受け、ビデオストリーミングサイト iQiyi(愛奇芸)で独占放送された結果、4億4,000万回もの視聴を記録した。

「Running Man(奔跑吧兄弟)」や「Where Are We Going, Dad?(爸爸去哪児)」のような韓国のリアリティショーの特許は中国の制作会社に販売されている。中国のセレブリティを韓国の番組に出演させて、地元ファンを自国版のスピンオフエピソードへと引き込む狙いだ。「Where Are We Going, Dad?」のスピンオフ作品は中国での最初のシーズンで広告収入が2,800万元(457万米ドル)を記録し、スポンサー料は10倍の3億1,000万元(4,700万米ドル)に跳ね上がっている。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

(レビュアー注:BigBangのセールスに関するリンク先では「300万枚以上」と書かれています。ご確認ください。)

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------