画像解析で実店舗の運営改善ソリューションを提供するABEJA、産業革新機構とアーキタイプから5.3億円を調達

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2016.7.25

abeja-dashboard_screenshot

画像解析・機械学習をもとにした、実店舗向けの動線改善などを促すソリューションを提供する ABEJA(アベジャ)は、産業革新機構(INCJ)アーキタイプから5.3億円の調達を実施したと発表した。投資ラウンドについては確認できていないが、前回のセールスフォースからの数千万円程度のシリーズ A ラウンドでの資金調達に続くもので、今回はシリーズ B ラウンドと推定される(確認中)

ABEJA は2012年9月の創業。Orange Fab Asia 第1期のアクセラレーションプログラムを経て、これまでに、エンジェルラウンドで富松圭介氏から、シードラウンドでアーキタイプ、インスパイア、三菱UFJキャピタル、みずほキャピタル、NTTドコモ・ベンチャーズ、さくらインターネットから資金を調達している(調達金額は非開示)。

ABEJA は、実店舗における顧客動態や滞留データの解析サービス「ABEJA Behavior」や、性別年齢推定サービス「ABEJA Demographic」、オンラインとオフラインのデータをリアルタイムに解析できるサービス「ABEJA DMP」を提供している。これらのサービスを統合した、同社の情報収集・解析・可視化クラウドサービス「ABEJA Platform」は2016年7月現在、日本国内100店舗以上に導入されており、6月からは空調機大手のダイキン(東証:6367)と、テクノロジー・イノベーションセンターにおける協業を開始した。

今回の資金調達とあわせ、ABEJA は、INCJ から戦略投資グループのマネージングディレクターを務める安永謙氏を社外取締役として招聘、アーキタイプには B2B および B2B2C 領域への事業開発を支援してもらう、としている。

画像を使った実店舗向けの顧客動線分析の分野には、先ごろ、SLUSH ASIA 2016 や台北で開催された Fukuoka Night(福岡台湾之夜)で優勝した SkyRec が日本市場への本格参入を準備しており、今後、熾烈な競争が予想される。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------