フォトシンス、ユーザ体験・デザイン・機能連携を強化したオフィス用スマートロック「Akerun Pro」を発表

by Junya Mori Junya Mori on 2016.7.8

新製品を発表するフォトシンス代表取締役 河瀬航大氏
新製品を発表するフォトシンス代表取締役 河瀬航大氏

スマートロック「Akerun」の開発を手掛けるフォトシンスが2016年7月7日に新製品のスマートロック「Akerun Pro」を発表。2016年7月23日より順次発送を開始する。

数十人規模の企業によるオフィス・事務所でのスマートロック利用のニーズが高く、従来の「Akerun]をよりオフィス向けに機能を強化して開発されたのが、「Akerun Pro」だ。

「Akerun Pro」では、ユーザの体験、デザイン、他のサービスとの連携等が改善されている。電池の持ち時間、解錠の速度、解錠と施錠の際の音の大きさ、セキュリティ機能の改善など、オフィスで利用する上で必要な改善が施された。

CG004_20160620_01

API連携により、出かける際に外の天気を教えてくれたり、最後の一人がオフィスを退出する際に自動で電気を消してくれたりといった設定を行うことも可能になるという。さらに、「Akerun Pro」はNFCにも対応。Suicaを利用して解錠を行うことも可能となった。

従来のように、デバイスを購入する方法以外にも、本体導入価格が無料の月額制レンタルプランでの提供という方法も用意されており、交換対応もするなどサポート体制を整えた。

オフィスがスマートロックで人の出入りを管理できるようになれば、勤怠管理システムとしても利用できる可能性が出てくる。オフィス用スマートロックの可能性は広そうだ。

中小規模の企業の割合が多いが、電子錠を導入しようとするとかなりのコストがかかる。スマートロック「Akerun Pro」は、こうしたニーズをつかみ、追随するスマートロックプレイヤーとの差別化を図る。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------