撮りたい瞬間を逃さないーーウインクで撮影できるウェアラブルカメラ「Blincam」がクラウドファンディング開始

by Junya Mori Junya Mori on 2016.7.14

blincam7

ウェアラブルデバイスが市場に登場するようになって、しばらく経つ。スマートウォッチやフィットネストラッカー等は浸透の兆しが見え始めているが、ウェアラブルグラスのほうはいまいち。そんな現状を変えてくれそうなデバイスが「Blincam」だ。

「Blincam」は、まばたきで撮影可能な小型カメラ。既存のメガネにアタッチメント形式で取り付けることができ、Bluetoothでスマートフォンと接続して、撮影した写真をアプリ上で管理することができる。

同デバイスは、目の周辺の動きを感知してシャッターを切る。まばたき程度では反応しませんが、「ギュッ」と強めにウインクをするとシャッターが反応する。同ウインクセンサーは、現在特許出願中だという。

「子どものふとした表情をすぐ撮影できたら」ーーBlincamの高瀬昇太氏のそんな思いからこのデバイスの開発はスタートした。

既存のメガネにアドオンできるーーまばたきで撮影可能な小型カメラ「Blincam」を開発する高瀬昇太さん [THE BRIDGE Fes]

2016年2月には、本誌が主催するイベント「THE BRIDGE Fes」に出展。最近では、「Slush Asia」等にも出展している。数々のイベントでデモを披露しながら、高瀬氏は「Blincam」の開発を進めてきた。

Blincam makuake

α版の開発を行なってきた「Blincam」だが、本日Makuakeにてクラウドファンディングをスタート。開始から数十分というわずかな時間で目標金額の100万円を達成している。

同社は今後、8月にサンプルテスト、テストマーケティングを開始。9月には「Tech Crunch Disrupt in SF」に出展し、11月にはKickstarterにて海外クラウドファンディングを行う予定だ。

Makuakeにて先行販売を行った分については、12月には製品を出荷し、同時期にアプリもリリースするそうだ。2017年には、CES、SXSWといった海外イベントへの出展を経て、量産開始する予定。Amazonや一部量販店での販売開始は、2017年春頃の想定しているという。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------