シンガポールで奮闘中、成田佳雄氏率いる「ENVIE」が東南アジア最大規模のアクセラレータMaGICに採択

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2016.7.1

yoshio-narita-in-arab-street
ENVIE CEO 成田佳雄氏

ファッションECコマース事業者向けに、東南アジアへの事業進出を支援していたコミューンというスタートアップをご存知だろうか。THE BRIDGE が Startup Dating と名乗っていた4年ほど前には、「TokyoStartupSchool」でコミューンを運営していた成田佳雄氏に講師として登壇いただいたので、読者の中には記憶にある人がいるかもしれない。

その後、成田氏は新たな活路を求めて、シンガポールから海峡を隔てて隣の街マレーシアのジョホールバルへ家族総出で移住。今年4月には、シンガポール向けに「ENVIE(アンヴィー)」というハンドメイド・マーケットプレイスアプリ(シンガポールの AppStore からのみダウンロード可)をローンチした。シンガポールは人口550万人の小さな市場、決してシンガポールだけを対象にしたのでは、ビジネスはスケールしない。

envie-1

ラマダン明けを前に、イスラム教徒で賑わうシンガポールのアラブストリートで、成田氏は「ENVIE」の戦略を次のように語ってくれた。

ハンドメイド・マーケットプレイスとしては、アメリカには EtsyBonanzaHandemade at Amazon、ヨーロッパには Etsy や DaWanda、日本には minneCreema、台湾には Pinkoi などがいるが、東南アジアにはドミナントのプレーヤーは不在。ここに大きなチャンスがあると思った。

まずはシンガポールから攻めて、シンガポールのハンドメイド・マーケットプレイス市場を取る。そこから、マレーシア、東南アジア、アジア太平洋地域へと着実に広げていきたい。

<関連記事>

ハンドメイド商品の売り手と買い手を結び、エスクローの機能も提供する ENVIE だが、東南アジアではクレジットカードや銀行口座を持っている人も少ないので、地域全体に展開するには、市場ごとの細かいローカリゼーションが必要になる。ロジスティクスのしくみも各国各様だ。逆説的には、その複雑さこそが欧米の列強サービスのアジア進出を阻んでいるのかもしれない。

ENVIE では現在、シンガポールでは PayPal を経由した取引に対応しており、売り手には商品の発送時にシンガポール郵便(SingPost)の Registered Mail などを使い、トラッキングナンバーを入力してもらうことを義務付けている。

envie-3

ENVIE は先ごろ、マレーシア政府が運営に関わる東南アジア最大のスタートアップアクセラレータ MaGIC(Malaysian Global Innovation and Creativity Centre)の最新バッチへの参加が認められた。4ヶ月間にわたり、ASEAN 地域から50チームが参加するこのプログラムは、参加が認められるまでの通過率が約10倍と険しく、東南アジアでのサービスのスケールアップの方法を模索していた成田氏にとっては、このニュースは喜びもひとしおだったようだ。

現在、シンガポールのみを対象にしている ENVIE のサービスエリアも、クアラルンプールでの MaGIC のプログラム参加を前に、7月下旬にはマレーシアに拡大する予定。十把一絡げに東南アジアといっても、各国で異なる市場環境。緻密なマーケットフィットを武器に、東南アジアのハンドメイド市場を奪取なるか? 成田氏のここからの奮闘に注目したい。

envie-2

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------