ARアプリ「Pokemon Go」は、拡張現実の歴史に残るアプリとなるか

Tech in Asia by Tech in Asia on 2016.7.11

Image credit: Lazarus.

Image credit: Lazarus.

Pokemon Go は既にバズっている。このモバイルゲームは、ユーザーがリアルな世界でポケモンを捕まえるゲームで、おかしな場所で(これらの場所が本物なのかを確かめることは難しいが)ポケモンを登場させるらしい。

自分のカメラを使って3Dのポケモンを現実世界に重ね合わせるというこのゲームの、爆発的な出だしの人気が目立っている。

だが、このゲームのもっとも重要なのは次の点だ。つまり、これは史上最も人気のある拡張現実(AR)アプリであるかもしれず、この技術をメインストリームにしたということだ。

pokemon-go-toilet

いや、ちょっと待って。Ingressという別のARゲームはPokemon Goの「前に」出たじゃないか?

確かにその通りなのだが、Ingress はこんなにも人気を博さなかった。Ingressは、iOSのアプリランキングのトップ50にギリギリ入ったに過ぎず、その後の人気は落ち込んだ。アプリ分析企業のApp Annieの情報によると。

Ingress’ ranking on the iOS US app store. It didn’t fare better on Android.

Ingress’ ranking on the iOS US app store. It didn’t fare better on Android.

一方で、Pokemon Goは米国、オーストラリア、ニュージーランドでローンチ後数日以内にトップに躍り出た。

これは偶然ではない。Ingress、Pokemonは両者ともNianticと呼ばれるGoogleのスピンオフ企業によってつくられた。なので、Ingressの経験で得た学びのいくつかは、この後輩に受け継がれている。急速な人気のもう一つの背景として、Pokemonは文化的現象でよく知られているブランドであるという事実もある。

まだまだ先は長い

一方で、Pokemon Goはいくつかの問題に悩まされてもいる。いくつかの国ではローンチに遅れが出ている。サーバーの負荷に対応しきれなかったようだ。

AmazonのCTOはPokemon GoにAWSを使わせるために真剣にオファーをしているようだ。

AmazonのCTOはPokemon GoにAWSを使わせるために真剣にオファーをしているようだ。

ゲームの遊び方は、自慢するようなものでもない。闘いの少ないカジュアルなゲームで、元々のPokemonシリーズに見られるような深さに欠ける。

今のところ、ユーザーレビューもよくない。iOSの星の平均数は5つ中3で、アプリにしては低い評価だ。

もちろん、こうした問題は直され、ゲームの要素もより増えるだろう。だが、Pokemon Goが今の勢いを保てるかは様子見だ。

最もうまくいけば、Pokemon Goは拡張現実の分野でキラーアプリになうだろう。最悪の場合は、本当にヒットするゲームの前哨戦という位置付けになるだろう。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia
【原文】

Tech in Asia

Tech in Asia

Tech In Asiaは、アジアに焦点を当てたテックやスタートアップのニュースを提供するため、2011年に設立。 インターネット・コミュニティ、とりわけ、アジアの発展に貢献すると考えている。月間140万ページビューを誇り、最も速く成長を遂げるウェブサイトの一つである。 読者は、主に起業家、マーケッター、企業の重役、学生など。

メールマガジンに登録すると、THE BRIDGEに掲載されたニュースや、スタートアップイベント情報をゲットできます!

人気ニュース