協業のための下地は整ったーーCCCによるスタートアップ育成支援プログラム「T-Venture Program」の第三期募集が開始

by Junya Mori Junya Mori on 2016.7.7

左:CCCデザインカンパニー執行役員 坂田真我氏 右:ワンモア代表取締役CEO 沼田健彦氏
左:CCCデザインカンパニー執行役員 坂田真我氏
右:ワンモア代表取締役CEO 沼田健彦氏

TSUTAYA を展開するCCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)が、スタートアップ育成支援プログラム「T-Venture Program」の第三期の募集を開始した。

「T-Venture Program」がスタートしたのは、2014年10月。第一期には、先日CCCグループと新しいモノづくりを支援するプログラムをスタートしたクラウドファンディングサイト「GREEN FUNDING」を運営するワンモアも参加していた。

T-MEDIAホールディングス、IMJらがスタートアップ支援プログラム「T-Venture Program」を始動

「GREEN FUNDING」がCCCグループと新しいモノづくりを支援、第一弾はキャンドルのように光が変化するLEDライト

事業会社によるスタートアップ支援でシナジーを生み出すことはなかなか難しいが、「T-Venture Program」ではCCCグループの事業とシナジーを生み出すことができるスタートアップを募集する。

第一期はネットを対象にスタートアップを選び、第二期ではリアル・ネット問わず、シナジーが生まれる見込みの高いスタートアップが選ばれた。第二期では、最優秀賞にストリートアカデミー、優秀賞にファクトリエが選ばれ、両社とは具体的な取り組みもスタートしている。

CCCが「T-Venture Program」の第2期最終審査会を開催、最優秀賞のストリートアカデミーほか4社が入賞

第三期では、より明確にCCCグループの既存事業と協業できるパートナーを探していくという。支援対象も、これまではアーリー、ミドル、レイターまで幅広い層を対象としていたが、第三期からはシードやアーリーなどスタートアップを対象とし、場合によってはCCCグループに入ってもらうことも視野に入れる。

第一期、第二期と実施を重ねてきたことで、CCCグループの内部もスタートアップと協業するための準備が整ってきた。冒頭で紹介した「GREEN FUNDING」との協業も、その成果のひとつだ。「1年かけて色々と準備ができてきました」とワンモアの沼田氏は語る。

坂田氏「長期的な視点を持ちながら、スピード感をもって成長していきたいスタートアップからの募集をお待ちしています。急にドラスティックには変わりませんが、協業の結果も出していけるよう、社内のプロセスもしっかりと作っていきます」

CCCデザインカンパニー執行役員の坂田氏は語った。第三期で選出されるスタートアップは、より一層CCCグループとの協業がやりやすくなるのではないだろうか。同プログラムは8月に説明会が開催される。関心のあるスタートアップは、足を運んでみてはいかがだろうか。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------