VR Porn(バーチャルポルノ)の検索数、対2014年で9900%アップの爆上げ状態に

by Jeff Grubb Jeff Grubb on 2016.7.1

img_2210
Above: A VR porn app from Japan. Image Credit: Illusion

(抄訳)

  • VRTalk.comが調べた結果、Googleトレンドの2014年11月から2016年4月までの17カ月の推移を見ると、VR Pornというワードは期間内で9900%の成長を示していた。
img_2211
Above: Searches for “VR porn” on Google from 2014 through 2016. Image Credit: Google Trends
  • 調査会社SuperDataの予測によると2020年までにバーチャルリアリティ関連の市場は400億ドル(約4兆円)に到達するという情報もある。
  • ポルノが新たなテクノロジーに重要である事案はベータマックス(通称:ベータ)とVHSの戦いでも語られている。もちろんポルノ産業がVHSを勝利に導いた唯一の理由ではないが、それでもXXX産業(ポルノ系)が1970年代’から1980年代の新たなエンタメビジネスで重要な役割を果たしたのは確実。
  • Googleトレンドが示した反応は人々がなぜヘッドマウントディスプレイを必要とするのかを理解した印と言えるのではないだろうか。

360ビデオ VS インタラクティブなポルノアプリ

  • 人々がVRポルノを望んだとしてそれがどういうものになるか多くの人は知らない。ハイエンド(Oculus等)からローエンド(Samsung Gear VR等)に至るまで既に多くのアダルトコンテンツが提供されている。その多くは360度カメラの前で従来通りの出演者が動き回るというもので、Pornhubが色んなヘッドセットで稼働するVRビデオを提供している。(※ご安心ください、モザイク入ってます)

  • 360ビデオはバーチャルポルノの始まりであり、結果的にはすごく変なものになっている。多くの人にとっては気持ち悪いと感じるかもしれない。何もビデオは唯一の方法ではない。
  • 既にインタラクティブなXXXアプリを開発している人たちも出てきており、例えば初音ミクをOculus Riftに非公式なものとしてインポートした例がある。

【原文】

【via VentureBeat】 @VentureBeat

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------