映像クリエイター向けプラットフォームVookを運営するアドワール、コンコードから資金調達

by Junya Mori Junya Mori on 2016.8.18

アドワールのメンバー、左から2番めが代表の岡本俊太郎氏
アドワールのメンバー、左から2番めが代表の岡本俊太郎氏

映像クリエイター向けプラットフォームVookを運営するアドワールが、コンコードエグゼクティブグループから第三者割当増資を実施した。金額は非公開。

コンコードは、次世代リーダーのキャリア支援で実績を持つ人材紹介会社。同社は、社会起業家への出資を通じてスタートアップを支援している。

同社は、過去に楽天にイグジットした外国人旅行者向けCtoCサービスを運営するVoyaginに出資実績がある。

楽天がアクティビティ予約のVoyagin(ボヤジン)を買収

アドワールは、2016年はじめ、映像クリエイター向け制作ノート「Vook」をリリース。その後、制作ノート数を増やし、クリエイターのハブとして、イベント開催など活動の幅を広げている。

動画クリエイターが制作ノートを通じてナレッジをシェアするサービス「Vook」β版がリリース

映像クリエイティブの領域も、VRやアニメーション、ウェブ上での表現など、可能性が拡大している。コンコードは、映像クリエイターの成長を支えるアドワールに出資することで、自社のキャリア支援事業ともシナジーを生む狙いだ。

岡本氏は今回の資金調達について、「今回の資金調達は、サービスを大きく伸ばしていくための一歩」と語る。

「サービスをリリースしてから、映像クリエイターの反響が徐々に増えてきました。私たちにしかわからない、映像クリエイターのニーズや困りごとをしっかりと理解できたと思っています。資金調達を行い、キャリア支援を行うコンコードのナレッジも生かして、クリエイターの人材支援も視野に入れながら事業を展開したいと考えています」

アドワールは今後、開発体制の増強してサービスの改善スピードの向上させ、バックオフィス面の整備等による組織力の強化を図る。「Vook」は9月にクリエイターがポートフォリオを登録できる機能の公開を予定しているという。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------