アイドル応援アプリ CHEERZ に動画生配信の新機能「ちあスト」が登場

Junya Mori by Junya Mori on 2016.8.4

ちあストlogo

フォッグが運営するアイドル応援アプリ「CHEERZ」に動画生配信の新機能「CHEERZ STREAMING(チアーズ ストリーミング)」が実装された。

動画のライブストリーミングは国内外で様々なアプリが登場しており、アジアのアプリの中にはライブ配信機能と配信者のフォロー機能や画像投稿機能が備わっているものもある。

「CHEERZ」の動画生配信機能の実装は、満を持してという言葉がふさわしい。「CHEERZ STREAMING」が実装されたことで、アプリ内にてアイドル達の生配信動画を視聴し、コメントの投稿が可能になる。

生配信資料_CHEERZ_1_0_1_トップ 生配信資料_CHEERZ_7_1_1配信画面_さくらい

ユーザは画像に「CHEER(応援)」を送るのと同様、生配信中にも「CHEER」することも可能だ。生配信中に送った「CHEER」もファンランキングへと反映される。

フィードの中に生配信中の様子が表示されるようになり、ユーザはタップすることでアイドルのライブストリーミングを視聴できる。アイドルは、これまで利用していた画像投稿用のアプリから配信が可能だ。

配信可能な時間は30分まで。番組のように配信してもいいし、Snapchatのように30秒〜1分程度の時間での配信も歓迎しているという。配信後、映像のアーカイブは残らないため、ユーザは配信中に視聴する必要がある。

CHEERZプロジェクトマネージャーの伊藤崇行氏は、新機能「ちあスト」についてこのようにコメントしている。

「β版の機能提供で、生配信の熱量は高いことはわかりました。CHEER数の伸びも期待できます。また、写真だけではできなかった、映像を使ったオーディション等の企画も可能になるのでは、と考えています」

「CHEERZ」に参加するアイドル数は右肩上がりに成長しており、年内に1000人まで増やすことを目標としているという。今後は、ウェブ版の充実を図りつつ、海外での展開を強化していく。

アイドル業界全体を底上げをしていきたいと考えるCHEERZチーム。業界を盛り上げていくために、この他にもリリースが控えているそうだ。情報が入り次第、お伝えする。

Junya Mori

Junya Mori

モリジュンヤ。2012年に「Startup Dating」に参画し、『THE BRIDGE』では編集記者として日本のスタートアップシーンを中心に取材。スタートアップの変革を生み出す力、テクノロジーの可能性を伝えている。 BlogTwitterFacebookGoogle+

メールマガジンに登録すると、THE BRIDGEに掲載されたニュースや、スタートアップイベント情報をゲットできます!

人気ニュース