振込手続き自動化の検討もーーfreeeが住信SBIネット銀行とAPI連携を開始

Junya Mori by Junya Mori on 2016.8.18

8fb6f93a8152cb3d0efc86278f5850bb

「クラウド会計ソフト freee」を開発するfreeeが、住信SBIネット銀行との入出金明細取り込みにおけるAPI連携を開始した。今後、振込手続きにおける「クラウド会計ソフト freee」と住信SBIネット銀行のインターネットバンキング連携も検討していくという。

「クラウド会計ソフト freee」は2016年8月15日から、住信SBIネット銀行の口座同期方法を金融機関側とのAPI連携に変更。順次、ユーザに登録の変更を促していく方針だ。

フィンテックと呼ばれるスタートアップでは、「API」をどれだけ機能させられるかが話題となることが多い。freeeの今回の動きも、APIで金融機関側と接続可能にすることで、ユーザの利便性を高めるためのもの。

両社は、「クラウド会計ソフト freee」とインターネットバンキングの連携をベースとした、振込手続き効率化サービスを共同開発していく。データを同期して閲覧できるだけではなく、振込の手続きもソフト上から可能になるとしたら、お金に関するユーザの行動がかなり変わりそうだ。

freeeは今年に入って、りそなグループ、鳥取銀行、ジャパンネット銀行など、様々な金融機関との提携も発表している。

Junya Mori

Junya Mori

モリジュンヤ。2012年に「Startup Dating」に参画し、『THE BRIDGE』では編集記者として日本のスタートアップシーンを中心に取材。スタートアップの変革を生み出す力、テクノロジーの可能性を伝えている。 BlogTwitterFacebookGoogle+

メールマガジンに登録すると、THE BRIDGEに掲載されたニュースや、スタートアップイベント情報をゲットできます!

人気ニュース