SAPがビッグデータスタートアップAltiscaleを1億2500万ドル強で買収【報道】

by Jordan Novet Jordan Novet on 2016.8.26

Image Credit: Altiscale Facebook page
Image Credit: Altiscale Facebook page

エンタープライズソフトウェア企業のSAPが、多種多様なデータの保存・処理・分析のために使用するクラウド版Hadoopのようなオープンソースソフトウェアを提供しているスタートアップ Altiscaleを買収する予定であることがVentureBeatの調べによって分かった。正式な発表は今後数週間のうちにされるはずだ。

買収額は1億2500万ドルを上回る可能性がある。関係者がVentureBeatに伝えた内容によれば、同スタートアップの投資家は出資した額の3、4倍を受け取る予定であるとのこと。Altiscaleは、これまで4200万ドルのベンチャーキャピタルを調達しており、2014年の12月には3000万ドルを調達していた。Accel Partners、AME Cloud Ventures、Northgate、General Catalyst Partners、Sequoia Capital、Wildcat Venture Partnersが投資家として参加している。

SAPはクラウドソフトウェアのポートフォリオをさらに向上させる方策をとった。今回の買収によって、SAPは「Hadoop as a service」と呼ばれる領域において、最も知られる提供者の一つとなる。

Altiscaleのファウンダー・CEOのRaymie Stata氏は、2004年に自身の企業Stata LabsをYahooに売却し、Yahoo社内においてHadoopソフトウェアの展開に取り組んできた。IBMやMicrosoftといったSAPのライバルがクラウドに重点を置くなかで、Stata氏と彼のチームはSAPにとって有用な存在となるだろう。

Altiscaleの競合としてはQuboleやXplentyが挙げられる。クラウドインフラのプライバイダー大手のAWSもまた、Hadoopの提供をしている。

Altiscaleは2012年に創業し、カリフォルニア州パロアルトに拠点をおいている。創業当時はVertiCloudを呼ばれていた。その後、同社の社員数は90名以上にまで成長している。

(本記事は抄訳です)

【via VentureBeat】 @VentureBeat
【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------