宿泊管理運営システム提供のSQUEEZEが駐車場シェアサービス「akippa」と提携

by Junya Mori Junya Mori on 2016.8.9

mistersuite

民泊・ホテル・旅館に特化したクラウドソーシングサービスを展開するSQUEEZEが、akippaとの提携を発表した。SQUEEZEが運営する宿泊事業者向けクラウドソーシングサービス「Mister Suite」のユーザに対して、空き駐車場のソリューションを提供する。

物件の空室に悩むオーナーは、所有している駐車場にも空きがあり困っているケースが多いという。そこでSQUEEZEは自社の顧客基盤を利用し、同社サービスに既存ユーザや潜在ユーザに対して「akippa」のサービスを紹介することで、様々な遊休資産を有効活用するソリューションを提供する。

SQUEEZEは「Mister Suite」を通じて、物件オーナー向けには宿泊管理運営システムを提供し、物件の清掃のためにクラウドソーシングと連携させてサービスを提供してきた。今回のように他のシェアリングサービスとの相性は良いと考えられる。

現在の駐車場貸出エリアは、東京都、千葉県と神奈川県の一部地域、札幌市、大阪市、京都市など。両社は今後もそれぞれの顧客基盤や事業ノウハウを融合していく方針だ。

民泊向けクラウドソーシング「Mister Suite」運営のSQUEEZEがジャフコ、インキュベイトファンド等から約 4.2 億円を資金調達

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------