中国のモバイルアプリ・テストプラットフォーム「Testin」が、グローバル展開加速のためシリーズCラウンドで3,000万ドルを調達

by TechNode TechNode on 2016.8.30

testin_featuredimage

中国を代表するクラウド・テスティング・サービス「Testin」は先週(8月22日週)、非開示の中国国内におけるドル建てファンドのリードにより、シリーズCラウンドで3,000万ドルを調達したと発表した

2011年に設立された Testin は、エンタープライズ向けのモバイルアプリ互換性テストビジネスを開始し、アプリのインストール、操作性、機能性、UI におけるパフォーマンス統計を開発者に提供してきた。

この分野で先駆者だった Testin は、プロトタイプ試験、サービス品質監視、アプリのクラッシュ分析、Q&A テストなど、開発者がアプリ開発サイクルで直面するさまざまな問題の解決に、そのビジネス範囲を拡大してきた。

Testin によれば、現在180万のアプリ、70万人以上の開発者に利用されており、北京、広州、香港、アメリカにあるテストセンターでは、4,500種類以上のスマートデバイスに対応可能な5万台の端末を有しているという。

Testin からの発表によれば、今回調達した資金は、プロダクトのアップグレード、人材雇用、グローバル市場展開に向けて使われる。Testin はグローバル展開の動きを2014年に開始し、今回の調達は特に、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋地域での国際展開を加速すると期待される。

北京を拠点とする Testin は、2011年に IDG Capital Partners からシリーズAラウンド調達を行った後、2014年に IDG と Banyan Capital(高榕資本) からシリーズBラウンド調達、2015年には Haiyin Venture Partners(海銀資本)のリードによるシリーズB+ラウンドで、既存投資家の Banyan と IDG も出資に参加する形で資金調達を実施している。地元メディアによれば、シリーズBラウンドでの調達総額は5,490万ドルで、今回のラウンドは前回よりも高いバリュエーションで実施されたと報道されている。

異なるアプリ開発段階でテストサービスを提供している観点では、Testin には分野毎に複数の競合が存在する。実際のデバイスを使った互換性テストを提供する Tencent(騰訊)の Utest や、ベータテストのための Fir.imPgver(蒲公英)などだ。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------