釣りとテクノロジー領域で攻めるウミーべが資金調達、メディアとアプリの二軸で成長を目指す

by Junya Mori Junya Mori on 2016.8.1

tsuriba camera

釣果共有アプリ「ツリバカメラ」、釣りに特化したニュースサイト「釣報」の運営を行う福岡拠点のスタートアップ、ウミーべが資金調達を実施した。

今回のラウンドに参加したのは、ベンチャーユナイテッド、ドーガン、大和企業投資、SMBCベンチャーキャピタル、iSGSインベストメントワークス、佐銀キャピタル&コンサルティング、宮崎太陽キャピタルの計7社。調達した金額は非公開となっている。

ウミーべは、2015年9月に「ツリバカメラ」をiOSアプリでリリース。2016年2月にはAndroid版をリリースした。

2度めのスタートアップは「釣り」業界の変革に挑戦ーーウミーべが釣果共有アプリ「ツリバカメラ」をリリース

今回調達した資金を元に、ウミーべは開発体制の強化と、営業体制の強化を図る。営業体制を強化するのは、「釣報」の広告営業を本格化させるためだ、

ウミーべは2015年5月に「釣報」を立ち上げ、その後半年で月間100万ページビューに成長し、現在は150万ページビューまで成長しているという。

tsuriho

釣りに限らず、專門誌の領域はなかなかwebに移行していない。釣り関連のインターネットメディアとして成長している「釣報」は、メーカー等から広告を獲得できる可能性が高いのではないか、とウミーべ代表取締役のカズワタベ氏は考えているという。

ワタベ氏「『釣報』は、『ツリバカメラ』のユーザを獲得することにもつながっています。「釣報」の収益化に取り組みながら、「ツリバカメラ」のユーザ獲得を狙っていきます。『ツリバカメラ』自体のマネタイズはしばらく行わず、アプリの改善を重ねていく予定です」

釣りという領域に絞っていることで、バーティカルなメディアも伸ばしやすい。ウミーべは、今後もメディアとアプリ、2つを軸に成長を目指す。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------