airClosetはさらにリアルへ拡大ーー店舗型ファッションレンタル「Licie」を事業譲受、統合へ

by Takeshi Hirano Takeshi Hirano on 2016.9.16

月額のファッションレンタル「airCloset」を提供するエアークローゼットは9月16日、店舗型のファッションレンタルサービス「Licie(リシェ)」を運営するガールズスタイリングから同事業の事業譲渡に合意したと発表した。Licieは実際の店舗でパーソナルスタイリングを体験できるサービスで、エアークローゼットが先日発表したエイブルとの共同事業である「airCloset×ABLE」と同等の内容となる。

Licieは実際の店舗でファッションレンタルできる定額サービス

エアークローゼットはLicieのノウハウや各種資産を引き受け、airClosetで計画しているリアル店舗の展開強化を進める。なお、譲受にかかる費用等の詳細は非公開となっており、ガールズスタイリングの運営するLicieは事業譲渡に伴い、10月に終了となる。

その場で洋服をレンタルしてお出かけも可能、エアークローゼットがエイブルと提携して「リアル・ファッションレンタル」開始へ

エアークローゼット代表取締役の天沼聰氏によると、airClosetとエイブルの実店舗での取り組みは発表以降反響が大きかったらしく、実店舗での体験生や即時生がネットの利便性をさらに強化してくれるのではないかと語っていた。

また、現状でairClosetには300ブランドが参画しており、約10万着の洋服を保有しているのだそうだ。このうち実店舗で試せるのはまだ数百着(ストック含めると2000点ほど)程度だが、実店舗でのビジネスが軌道に乗ればこの即時体験できる拠点は拡大することになるだろう。

「airCloset×ABLE」

現在、登録しているスタイリスト数が100名を超えたということで、リアル店舗での活躍の場が増えれば更に登録するスタイリストの規模が拡大することも予想される。ちなみにairClosetではこのようなスタイリストやパーソナルスタイリングを効率化するための独自管理システムが構築されており、同社の強みのひとつにもなっている。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------