Android Wearアプリの総ダウンロード件数が、500万回を突破

by Emil Protalinski Emil Protalinski on 2016.9.18

android_wear_watches

Wear スマートウォッチと Android 携帯を接続する Android Wear アプリの総ダウンロード件数が500万回を突破した。昨日(9月12日)、Google Play ではアプリのインストール回数が「100万回~500万回」と表示されていたが、今日(9月13日)は「500万回~1,000万回」を示している。参考までに、Android Wear は2015年3月に100万回のマイルストーンを達成した。

Google は実際に使用されている Android Wear デバイスの数や販売数を発表しておらず、Android Wear の成長を調べるにはこの数値の変動をみるのが最善の方法だ。Google は Google Play サービス付き Android 携帯の販売数と有効化された数を追跡できるはずだが(Kindle 商品などサービスの入っていない Android デバイスについては追跡不可)、ほとんどの Android Wear ウォッチは単に Android 携帯の拡張機能であり、有効化された数と使用されている数を追跡するのは難しい。

android_wear_app_installs

誤解のないように言うと、今日新たに明らかにされた数字はダウンロード数とインストール数であり、販売数ではない。ユニークユーザの数とは異なるということだ。機種変更にともなうダウンロードや、ダウンロードはしたもののデバイスは使用していない場合、何らかの理由による再ダウンロードもカウントされている。

言い換えれば、Android Wear のアクティブユーザ数はおそらく500万人を下回るということだ。しかし、現在その数は100万人をはるかに超え500万人に迫る勢いだ。

IDC の推定によると2016年の Android Wear 出荷台数概算が約610万台であることを考えれば、これは注目に値する数値だ。プラットフォームの滑り出しは Google が期待したほどではなかったため、同社は数を公にしておらず、Google Play やサードパーティーによる概算に頼るしかない。

それでもなお、ウェアラブル市場の成長にともない、Android Wear の伸びも期待されている。そして、Google はプラットフォームへの投資を継続している。

同社は5月、I/O 2016デベロッパーカンファレンスでスタンドアロンアプリの入った新デザインの Android Wear 2.0を発表した。他にも多数の新しい Android Wear ウォッチを計画中であり、Google Assistant をサポートするものも出るのではないかと噂されている。

マイルストーンについて詳細を得るため、Google に問い合わせを入れた。回答があれば後日詳細を更新する。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------