インターネット総合サービスのココンが約5億円を調達、サイバーセキュリティ・業務特化型クラウドソーシング事業を強化へ

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2016.9.2

cocon_logo

インターネット総合サービスのココンは2日、直近のラウンドで総額約5億円を調達したことを明らかにした。このラウンドには、既存株主である East Ventures、中国の SIG Asia Investments(海納亜洲創投)に加え、新規株主として、Genuine Startupsりそなキャピタルベクトル(東証:6058)、グローバルウェイ(東証:3936)のほか、千葉功太郎氏、平澤創氏(フェイス 代表取締役)、高山健氏(楽天 元取締役)をはじめとする個人投資家などが参画している。

2013年2月に設立されたココンは、イラストクラウドソーシングの Panda Graphics を事業母体とするインターネット総合サービス企業。2014年7月に East Ventures とオプトから総額1.4億円、2015年5月には、中国の SIG Asia Investments と、同社と関係の深い日本の VC である MS キャピタルから金額非開示の出資を受けている。

スタートアップや事業の買収にも積極的で、2014年6月にはモックス、2015年1月にはオハコと資本提携、2015年5月には音声クラウドソーシングの「Voip!」を事業譲受、2016年3月にはイエラエセキュリティを買収している。先月30日には、サイバーセキュリティのコンサルタンシー Lepidum(レピダム)を買収し完全子会社化する一方、9月1日にはイラストクラウドソーシングの「Panda Graphics」と音声クラウドシーシングの「Voip!」の事業部門を分社化し、Panda Graphics 株式会社を設立した(ココンの旧社名と同じ名称だが別法人)。

ココンでは、今回調達した資金を使って、サイバーセキュリティ領域において、セキュリティ診断における自動化や、人工知能等の到来を見据え次世代技術を活用した診断オートメーションツールの研究開発を進める計画。また、ココン代表取締役の倉富佑也氏は、新会社に移管された業務特化型クラウドソーシング領域において、四半期ベースで約20%のペースで事業が拡大していることを明らかにしている。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------