Google Mapsで目的地を入力するだけで、複数ライドシェアの到着時間と料金が表示されるように

by Yukari Mitsuhashi Yukari Mitsuhashi on 2016.9.10

Google-Map-cabs Opens-in-Uber

<ピックアップ>  Google Maps is getting even better at helping you find a cab in the US

Googleが、iOSとAndroidのGoogle Mapsをアップデートした。目的地への移動手段(車・電車・徒歩など)でタクシーを選ぶと、複数ライドシェアが選択肢として表示されるというもの。

2014年から「Uber」は表示されていたが、今回新たに「Lyft」と「Gett」(ニューヨーク市内のみ)が加わった。Google Mapsで目的地を入力してタクシーのタブ(人が手を上げている図)を選ぶと、各種候補が表示される。Google Maps内に表示されるのは、その距離を移動するのにかかる見積もり料金と待ち時間だ。

上記スクリーンショット(左)でUberを選択すると、Uberのアプリが開く。まだアプリをダウンロードしていない場合は、App Storeの該当ページに遷移する。アプリは、Google Mapsに入力していた目的地がすでに入力された状態で開くため、手間が省かれていい。

この機能は各国のGoogle Mapsに実装されており、ブラジルなら「99Taxis」、インドなら「Ola Cabs」、イギリスとスペインなら「Hailo」など現地のライドシェアサービスが対象となっている。

via. The Next Web

 

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------