東南アジアの配車アプリ「Grab」が、ソフトバンクのリードで7.5億ドルを調達——時価総額は30億ドルを超え、東南アジアで2番目の規模のテック企業に

by Tech in Asia Tech in Asia on 2016.9.20

grab_featuredimage

東南アジアでトップに君臨する配車アプリ「Grab」は、7.5億ドルを資金調達したことを本日(9月20日)のプレスリリースで発表した。この投資ラウンドはソフトバンクがリードし超過応札となった。

今回の投資を受けて、同社の調達総額は10億ドルに達する。今回の調達には時間を要したが、Bloomberg が報じたところでは、ソフトバンクと中国の配車アプリ「Didi Chuxing(滴滴出行)」から資金の調達をしていたとされる。

<関連記事>

情報筋は TechCrunch に対し、このラウンドで Grab の評価額は23億ドルを上回ることになると語っているが、本件に詳しい別の情報筋は Tech in Asia に対し、現在の評価額が30億ドルを上回っていると語った。

バリュエーションで言えば、東南アジアで2番目に大きいテック企業の誕生である。(1位の)Garena の評価額は37.5億ドルに達していると報道されている。

<関連記事>

Grab は2015年第3四半期に1億1,100万ドルを費やしており、同年の純収益は3,100万ドルに達したとみられている。Grab は乗用車、モーターバイク、タクシー配車サービスを6カ国31都市で提供している。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------