中国の映画製作大手Huayi Brothers(華誼兄弟)が、モバイルゲーム・パブリッシャーのHero Entertainment(英雄互娯)に2億8,800万米ドルを出資

by Dean Takahashi Dean Takahashi on 2016.9.19

Above: Huayi Brothers is a media and film company in China. Image Credit: Huayi Brothers
中国の映画会社 Huayi Brothers(華誼兄弟) Image Credit: Huayi Brothers

中国のゲーム市場がバブル期に向かう兆しがあるとすれば、まさにこのことだ。中国のモバイルゲーム会社 Hero Entertainment に対し映画会社の Huayi Brothers(華誼兄弟)が2億8,800万米ドルを投資し、株式の20%を取得した。

Hero Entertainment(英雄互娯)は設立者の Shuling Ying(応書嶺)氏が2015年6月にスタートさせた。当時は China Renaissance Partners が立ち上げたファンド Huasheng Capital に加え、ベンチャーキャピタルの Sequoia Capital、ZhenFund(真格基金)が投資している。Hero Entertainment は中国の店頭向け株式市場 NEEQ(通称:新三板)に上場している企業だ。同社は主に e スポーツゲーム商品の開発及び管理を行っており、モバイル e スポーツ競技の企画やプロモーションにも携わっている。

Hero の CFO、Huang Shengli(黄胜利)氏は以前 China Renaissance Partners(華興資本)の取締役を務めていた。彼は Didi Chuxing(滴滴出行)の8億米ドルを超える民間資金調達など、企業の資金調達を手助けしてきた。Ying 氏は中国のモバイルゲーム会社最大手となった China Mobile Games and Entertainment(中国手遊)の前 COO である。

Huayi Brothers はこれで Hero Entertainment の第2位株主となった。投資額は Hero Entertainment の2016年予想純利益の19倍にあたる。欧米のゲーム会社と比べてはるかに高い金額だ。Huayi Brothers Media(華誼兄弟伝媒)は Hero Entertainment の2,772万1,886株(資本注入後の約20%)を19億元で取得した。Hero Entertainment は2018年12月31日までの3年間で税引き後18億2,000万元以上の純利益を目標としている。

Hero Entertainment は中国で最も人気の高いモバイル e スポーツトーナメントの一つ Hero Pro League(HPL 英雄連賽)の主催者であり、中国全土を総括するモバイル e スポーツゲーム協会 Ying Xiong Lian Meng(英雄連盟)のスポンサーでもある。

他にも、Huaxing Fund(華興資本)、中国不動産業界の大御所 Wang Jianlin(王健林)氏の息子 Wang Sicong(王思聰)氏と Tianjin Dinuo Investment Management(天津迪諾投資管理)が投資を行った。

合意に基づき、Huayi Brothers は Hero Entertainment が開発・運営を行う e スポーツゲームの映画化、テレビ化、ウェブ化やその他メディア媒体への採用について価格と条件を優先的に交渉する権利を得た。一方、Huayi Brothers の子会社 Huayi Brothers (Tianjin) Interactive Entertainment(華誼兄弟(天津)互動娯楽)は自社インタラクティブ環境で行う e スポーツゲームを Hero Entertainment と提携して共同開発する。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------