インフキュリオンG傘下のネストエッグ、銀行の更新系API機能を実装した自動貯金アプリ「finbee(フィンビー)」を公開

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2016.9.21

finbee_featuredimage

インフキュリオン・グループ傘下のネストエッグは20日、都内で、金融庁と日経が開催している FinSum(フィンテック・サミット)で、銀行の更新系 API 機能を実装した自動貯金サービス「finbee(フィンビー)」を公開した。今月中にクローズドβ版を提供開始し、一般ユーザ向けのサービス開始は年内を予定している。

銀行の口座情報にアクセスする API には、大別すると参照系 API と更新系 API の2種が存在するが、更新系 API はその名の通り、口座情報を外部サービスから更新する機能を持つため、接続連携にあたっては参照系 API よりも高いセキュリティや技術要件が求められ、ハードルが高くなることが多い。一方、更新系 API の利用普及により、ユーザはインターフェイスを銀行アプリやウェブサービスに依存することなく、さまざまなアプリやウェブサービスから自分の口座にアクセスが可能になる。

finbee_screenshots

finbee は、今年4月にインフキュリオン・グループが SBI インベストメントの FinTech ファンドから資金調達した際、資金の主な使途として紹介していたサービス開発の第一弾だ。このアプリは500円玉貯金の電子版とも言えるもので、ユーザが貯金の目標を設定することでモチベーションを保ちながら、自動で無理なく確実に貯金でき、さらに目標金額を達成するとボーナスポイントがもらえる仕組みを準備しているとのことだ。

FinSum 会場に開設された finbee の展示ブースでデモをしてもらった。以下のビデオを参照してほしい。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------