Instagramの広告主が50万件を突破、直近7カ月で倍増

by Paul Sawers Paul Sawers on 2016.9.23

Instagramは自社製品を販売するためのプラットフォームとして50万人以上の広告主が利用していると発表した。

今回のマイルストーンは、Facebook傘下の写真とビデオ共有サービスが20万の広告主を獲得したと発表してから7カ月後の出来事となる。つまり、2月以降の成長率は約150%にも到達していることを意味している。Instagram側が与えた数字が「以上」となっているので、成長数値の正確な値を求めるには議論の余地があるが、約半年で倍以上になっていることは間違いないだろう。

Instagramが米国での広告掲載を許可したのは2013年に遡る。そしてそれから三年間で申し込みと市場性を拡大させてきた。広告事業が拡大するにつれ、ユーザーベースも同様に拡大している。同社は最近、5億ユーザーを獲得しており、その3分の2のユーザーは毎日サービスを利用している。

同社はInstagram広告の利用で上位を占める国として米国、ブラジル、英国、オーストラリア、カナダを上げている。

【原文】

【via VentureBeat】 @VentureBeat

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------