NYのポッドキャスト制作アプリ「Bumpers」がローンチ、エヴァン・ウィリアムズ氏も出資

by VentureBeat ゲストライター VentureBeat ゲストライター on 2016.10.24

Image Credit: Bumpers
Image Credit: Bumpers

ポッドキャスト制作アプリのBumpersが本日ローンチし、同時にSpark Capitalが主導するシードラウンドで100万ドルを調達したことを発表した(編集部注:原文掲載10月20日)。

ニューヨークに拠点を置く同スタートアップは、ユーザーがスマートフォンを使ってオリジナルのオーディオコンテンツを制作、編集できるアプリを開発している。BumpersのiOSアプリの機能には、背景ノイズの自動キャンセル、ボイスイコライザー、音楽のオプションやループなどが含まれ、スムーズにポッドキャストが作れるように配慮されている。

Bumpersは新人のクリエイターに対してテーマやアイデアを提案することもし、アイデアが枯渇しかけたときにもユーザーがプラットフォームを使い続けたいと思えるように手助けをする。

BumpersのCEO、Ian Ownbey氏は次のようにコメントする。

ビデオブログや既存のポッドキャストとは異なり、Bumpersは人々がストーリーテリングに集中できるようにし、その経験をより自然で、脚本に基づかない、共感できるものにします。

短い期間で、熱狂的なクリエイターのコミュニティを築くことができました。今回の新しい調達によって、ポッドキャストの制作・編集が最も簡単なツールである私たちのアプリを、さらに革新的なものにする試みを継続できるでしょう。

今回の投資ラウンドにはFounder Collective と Evan Williamsを含む複数のエンジェル投資家が参加している。

【via VentureBeat】 @VentureBeat
【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------