LINE、顔認識する画像加工カメラアプリ「SNOW(スノー)」に出資

by Steven Millward Steven Millward on 2016.10.3

snow_featuredimage
Image credit: Snow

2億人以上のユーザを擁するメッセージアプリ「LINE」は今日(原文掲載日:9月29日)、別のソーシャルアプリである「SNOW(スノー)」への出資を発表した。この出資を通じ、LINE は、面白ライブフィルターが使える Snapchat 風アプリ SNOW の25%の株式を取得する。

SNOW は、LINE と同じく、主にアジアで人気のあるアプリだ。

この出資において妙なのは(出資内容の詳細は明らかになっていないが)、LINE も SNOW も、韓国の Naver という同じ親会社の傘下にあるということだ。SNOW は Naver からスピンオフした Camp Mobile という企業が運営しており、一方、LINE の株式の80%は Naver が有している。つまり、同じ同族企業の中で資金をやりとりしたことになる。

Facebook とその2つのメッセージアプリがライバルを打ち負かす中、90億ドルを超えるバリューエーションで7月に IPO した LINE は、その成長の持続に苦労している。昨年、LINE が獲得した新ユーザは1,000万人にとどまっている

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------