〈中国の大物投資家に聞く〉金融サーチエンジン「Rong360(融360)」やオンライン市場分析「MediaV(聚效)」に投資するJames Mi(宓群)氏

by TechNode TechNode on 2016.10.15

Image Credit: Lightspeed China Partners
Image Credit: Lightspeed China Partners

本稿は「Meet China’s Midas〈中国の大物投資家に聞く〉」の連載第1弾である。本連載では、成長著しい中国のテック業界への投資で成功を収めているさまざまな投資家にインタビューを行う予定だ。これから1ヶ月の間、北京から上海にわたる投資家に対して、中国で大富豪になるには何が必要かをインタビューしていくのでチェックしていただきたい。本シリーズの新作情報を見逃さないためには@technodechina をフォローしてほしい。

中国のベンチャービジネスのエコシステムは中国独自の性質とテック投資家により形成されており、昨年は O2O の熱狂とドローンのイノベーションに、そして今年は WeChat(微信)のビジネスエコシステムやインターネットセレブリティに刺激されて成長している。中国投資家の強力な後ろ盾がなければこの成長は不可能だっただろう。2016年 Forbes 誌世界長者番付のリストには、中国を手がける14の投資パートナーが名を連ねている。

これら卓越したビジョナリーの中で、Lightspeed China Partners(光速中国) の共同設立者でマネージングディレクターの James Mi (宓群)氏は、中国の VC 投資家トップ50のうち50位にランクインしている。Google の経営企画部門ディレクターであった彼は、Rong360(融360)や MediaV(聚效)などへの投資を成功させている。

Lightspeed China Partners が近年投資した主要企業は以下の通りだ。

  • Dianping(大衆点評):中国で人気のレビューサイト。その後 Meituan(美団)と合併し Meituan-Dianping(美団-大衆点評)となり、企業価値は180億米ドル以上となった。
  • Tujia(途家):Airbnb に似たビジネスモデルの最大のオンラインバケーションレンタルサービスプロバイダ
  • Rong360(融360):金融サービスの検索とマーケットプレイスのトップ企業
  • Yunmanman(云満満):スマートフォンベースのトラックのスケジュールサービス
  • IfChange(e 成):Alibaba(阿里巴巴)や Tencent(騰訊)が利用するオンラインのデータインテリジェンスサービス
  • Innolight(旭創科技):クラウドコンピューティング向けの光通信トランシーバの世界的リーディングカンパニー(中国で上場)で、Google や Amazon AWS も利用している。
  • MediaV(聚胜万合):中国のオンライン広告プラットフォームのトップ企業。MediaV は Qihoo と国内の上場会社 Leo Group(利欧集団)に買収された。

いま中国の投資は「冬」の時代と考えられているが、Mi 氏は逆の見方をしている。

私たちは現在、アーリーステージのスタートアップへの投資をより積極的に行っています。

一般的には、中国での VC の投資ペースは大きく減速していますが、私はスタートアップに対して、収益を挙げることに集中してキャッシュを保持すべき、とアドバイスします。ユーザを獲得するためのクリエイティブで費用対効果の高い方法を見つけてほしいです。

Lightspeed China Partners(LCP)はファンド III(Lightspeed China Partners III, L.P.)を6月に最終的に締め切り、2億6,000万米ドルを調達した。LCP はまた、目標額5億人民元の同社初の人民元建てファンドが、多額の資金を調達し締め切ったことも発表した。

ビジネスモデルのイノベーションの競争という状況の中で、テクノロジーが今後より有益になってきます。私たちが新たに投資している分野はたとえば、バーチャルパーソナルアシスタントの Laiye(助理来也)のような人工知能や、ZaiHui(再恵)のようなエンタープライズ SaaS などです。

幸運なことに、いくつかの質問について彼の考えを聞くことができた。

調達した5億人民元(7,500万米ドル)のファンドの使途は何ですか?

人民元ファンドにより、Lightspeed China は中国国内 IPO により適した企業に投資することが可能になります。国内の株式市場は VC 投資家にとってより有効なイグジットの手段になってきています。Lightspeed はモバイルインターネットのトップ企業 Lian Luo Hu Dong(連絡互動)に投資しており、同社は中国内で上場し、現在の時価総額は430億人民元(64億米ドル)です。Lightspeed はこれで50倍を超えるリターンを得ました。インターネットセキュリティのように、海外資本制限により海外ファンドが中国に投資しにくい分野がありますが、人民元での投資はより適しています。

成功しなかった過去の投資から何を学びましたか?TasteV の事例では、WeChat にかないませんでした。

スタートアップのタイミングとチームの経験値は重要です。TasteV は Weibo に似たソーシャルプラットフォームを活用した優れた商品アイデアでしたが、WeChat が新たな人気プラットフォームになったときに太刀打ちすることができませんでした。TasteV チームはまた、e コマースの経験が豊富ではありませんでした。

私たちはまた、Pinduoduo(拼多多)Pinhaohuo(拼好貨)に投資しました。設立者は e コマーススタートアップを何度も立ち上げたシリアル起業家で、同社は WeChat の SNS を活用し素晴らしい業績をあげ、取引総額を1年前のゼロから今年600億人民元(89億米ドル)近くにまで伸ばしました。

Google の役員としての過去の経験は、スタートアップへの投資にどう役立っていますか?

私は2003年に Google 中国のビジネスをゼロから立ち上げ、製品と戦略を統括しました。この経験により、私はインターネット業界の将来のトレンドや、大企業がうまくやれない分野でのスタートアップのチャンスなどについて洞察力を得ることができました。このおかげで Ganji、Dianping、MediaV そして Rong360 などに初期から投資することができました。私はまた、Google 中国のジョイントベンチャーの仕組みを作り上げ、Google の中国での ICP(Internet Content Provider)ライセンスを取得しました。この経験により、 Lian Luo Hu Dong をこのジョイントベンチャーの仕組みを取り入れた初のモバイルインターネット企業とすることができ、中国株式市場に ICP として上場することができました。

現在の中国 VCを取り巻く環境はどのくらい競争が激化していますか?貴社はスタートアップにすり寄ったりしていますか?

さらに多くのファンドが設立され、多くの企業が出資を受けています。それと同時に、一部のアーリーステージ向け VC ファンドは巨額になりつつあり、後期の投資ステージも増えています。私たちが見るところでは、クオリティが高い起業家は、経験豊富なパートナーがおり、確固たる実績と付加価値がある一流の VC から出資を得ることだけを考えているようです。Lightspeed China は、アーリーステージの投資に非常に重きを置いています(70%がシリーズ A、30%がシリーズ B)。私たちのファンドはいつも募集額を大きく上回っていますが、ファンドの額を3億米ドル以下に抑えるようにしています。

海外のスタートアップは中国で戦えますか?戦えるなら、どうやって?

海外のインターネットスタートアップは地元の強力なプレーヤー(VC 投資家か中国国内の強力なオペレーター)を必要としています。中国のマーケットは特殊です。競争はとても激しく、状況は刻々と変わります。また、インターネットの一部の分野では規制もあります。

一方 DJI(大疆創新)や Innolight(旭創科技)のように、アメリカでシェア1位を取っている中国のスタートアップも確かに存在します。モバイルインターネットの分野でも、Musical.ly をはじめとした多くの中国企業はアメリカで健闘しています。

現在のハイテクトレンドを念頭に、今後5年の最大の勝者はどこになると思いますか?

人工知能、ビッグデータ、そしてある程度ですがバーチャルリアリティが5年以内またはそれ以後に大きな成功を収める勝者になると思います。5年を超えるスパンでは、自動運転車だと思います。

VR は過熱している分野ですが、中国の多くのハードウェア製造スタートアップはグローバル企業との競争で大きな課題に直面しています。コンテンツ制作のスタートアップにはより多くのチャンスがあり、私たちもより多くのプラットフォームに対応したスタートアップを探しているところです。

中国でのハイテクへの投資環境は今後10年でどう変わるでしょう?「投資の冬」は定着してしまうのでしょうか?

投資の冬は周期的なもので、アメリカでも2000年と2008年に起きています。現在も小規模ですが起きています。これはアメリカや中国で過剰に資本投入されたことへの自然な反発です。一部の小規模 VC は今後5年間生き延びられないかもしれません。中国のイノベーションは今後10年間で飛躍的に進み、それが VC 投資を呼び込むと確信しています。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------