BEENOSからスピンオフしたmeuron(ミューロン)が、ダイエット献立を自動作成するAIアプリ「CALNA(カルナ)」をローンチ

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2016.10.4

calna_featuredimage

東京に拠点を置くスタートアップ meuron(ミューロン)は4日、ダイエットの献立を自動作成する人工知能アプリ「CALNA(カルナ)」をローンチした。iTunes AppStore からダウンロードでき、無料で利用することができる。

CALNA ではコンビニエンスストア・チェーン大手4社で販売される食品のほか、大戸屋、エクセルシオールカフェ、Soup Stock Tokyo、ロイヤルホストなどの外食チェーンのメニューの栄養素含有量をデータベース化。ユーザは身長や体重など必要な17項目の情報を入力するだけで、アプリから体重目標を達成するためのメニュー構成のレコメンドを受け、1ヶ月後の体重予測を得ることができる。ダイエットアプリにありがちな食事を記録する手間を排除し、何をやればいいかの進言に特化しているのが特徴だ。

meuron は、以前 BEENOS(東証:3328) でリクルーティング分野を担当していた金澤俊昌氏が設立したスタートアップだ。BEENOS 時代から、前田ヒロ氏らと机を並べて働いていて、前田氏がなんとなく「あの子(=起業家)いいよね」と一見直感的につぶやいたのを横で見てその条件を分析するなど、いろんな物事をシステマティックなフローに落とすのが大好きだったという。

ダイエットを支援するサービスには良いサービスも多い反面、比較的高価なものが多いのも事実だ。金澤氏は、ダイエットにおけるトレーナーとユーザとのマッチングから、トレーナーがどんなときにどんなアドバイスを与えると良いかのパターンを分析。それをアルゴリズム化することで、コストをかけずにダイエットを指南するアイデアを醸成、BEENOS からスピンオフする形で meuron を設立し、CALNA を作り上げるに至った。

現在は、主に選択回答式となっているアプリとの対話画面だが、ユーザからのデータの増加に伴い、meuron ではチャットボットへと進化させていく計画だ。近い将来には、「5%減量」などカスタマイズされたレシピを設計するメニューを有料で提供したり、アップセルを図りたいマッサージのチェーン店舗などにアプリを通じた食事指導を OEM 提供したりするなどで、マネタイズを図りたいとしている。

この種のダイエットアプリでは、栄養士や管理栄養士の監修を冠していることが多いのだが、CALNA の開発にあたっては、敢えて彼らを起用せず、アメリカで栄養学を学んだトレーナーが協力している点は興味深い。金澤氏によれば、栄養士や管理栄養士の意見は、栄養科学的には正しいのだろうが、だからといって、彼ら自らの身体スタイルが全員整っているとは限らない。知識よりは、それを自分で体現しているトレーナーのノウハウを取り込んだ方が、ダイエットの実践にはより効果的と考えての判断だという。

meuron は2014年12月に設立。2015年2月には ANRI のリードにより、ベンチャーユナイテッドとエンジェル投資家2人から資金を調達。また、そのフォローオンで2015年12月〜2016年4月にかけて、ANRI、ベンチャーユナイテッド、BEENEXT から資金を調達している。いずれのラウンドについても、調達金額については開示されていない。

meuron-team
meuron のチームメンバー。後列中央が、創業者で代表取締役の金澤俊昌氏。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------