縫製職人とものづくりニーズをマッチングさせる「nutte(ヌッテ)」、アクセルマーク・静岡キャピタルらから1億円を調達

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2016.10.11

nutte

縫製に特化したクラウドソーシングサービス「nutte(ヌッテ)」を運営するステイト・オブ・マインドは11日、アクセルマーク、みずほキャピタル、静岡キャピタル、ガイアックス・グループのシェアリングエコノミーファンド、個人投資家らから1億円を資金調達したことを発表した。これはステイト・オブ・マインドにとって、昨年11月のみずほキャピタル、ガイアックス・グループのシェアリングエコノミーファンドからの3,000万円の調達に続く2度目の調達となる。

nutte(ヌッテ)は、縫製を中心とした職人と連携し、デザインから縫製までを受注生産するマッチングサービスだ。2014年11月に TOKYO STARTUP GATEWAY から輩出、2015年2月の正式ローンチから1年7ヶ月を経て、縫製を依頼する側の会員登録数は1万人を突破。一方、国内に推定20万人いると言われる縫製職人のうち、これまでにその0.5%程度にあたる約1,000人の縫製職人のネットワーク化に成功している。

state-of-mind-yuhei-ito
自身も縫製職人で、ステイトオブマインドの代表取締役を務める伊藤悠平氏
(2016年9月20日、東急アクセラレートプログラムのデモデイで撮影)

先日、開催された「東急アクセラレートプログラム」のデモデイでは、「1日に20〜30件程度のオーダーが来ており、需給バランスでは製造能力の方が上回っているので、オーダーが入ってくると、すぐにも縫製職人が仕事を持って行ってくれる状態(同社代表取締役社長の伊藤悠平氏)」であることを明らかにしていた。

今回の調達を受け、同社は2016年中に会員登録数3万人、年間累計取引件数5,000件、流通額2億円という目標のマイルストーンを掲げたことを明らかにした。また、nutte を軸とした資材 e コマース「糸柄市(いとがらいち)」や、nutte のファッション染色サービス「and Colors」など、縫製付随事業の開発に注力するとしている。

伊藤氏の話からもわかるように、マイルストーン達成にあたって、需要サイドはオーガニックなユーザ流入である程度賄うことができるだろう。計算が正しければ、nutte をまだ使っていない、日本にいる残り95%の縫製職人をどうやって取り込んでいけるかが nutte がブーストする上でのカギとなるだろう。

nutte-and-colors
nutte の染色サービス「and Colors」

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------