過去の応募者を発掘する採用支援ツールRestless Banditが800万ドル調達ーー注目のB2Bスタートアップ

by SuzukiDaiki SuzukiDaiki on 2016.10.28

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-25-9-19-26

編集部注:「注目のB2Bスタートアップ」は海外エンタープライズ系テクノロジーの話題をまとめた連載。本誌でも執筆中の「インプットをアウトプットするブログ」ブロガーで、B2Bスタートアップ・インキュベーション「archetype」所属の鈴木大貴氏がセレクトしたニュースをお送りします。

<ピックアップ> Restless Bandit raises $10 million to find the best job applicants from old resumes

採用活動効率化ツールを提供するRestless BanditがGGV CapitalやToba CapitalなどからシリーズAで800万ドルを調達しました。Restless Banditは過去応募してくれた求職者の中から現在のポジションに会う人材をピックアップするというユニークなアプローチを取るツールを開発しています。

サービスはATS(採用管理ツール)と連携、採用担当は職務に必要なキーワードを打ち込むと、労働統計局やGIthub、StackOverflowなどを含む20以上のソースから最新情報がアップデートされた状態で昔の応募者のレジュメがヒット。リクルーティング担当はその情報をもとに直接アプローチを行うことができます。サービスのローンチ時点ではcomScoreやFour Seasons Hotels含む15社がサービスを利用しているとのことで、対象は1,000人以上の従業員を抱える大規模組織。年間25,000〜50,000ドルが平均的なサービス利用費用とのこと。

via VentureBeat

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------