スウェーデンのオンライン録音プラットフォーム「Soundtrap」が600万ドルを調達、グローバル展開を目指す

by Chris O'Brien Chris O'Brien on 2016.10.11

Image Credit: Soundtrap
Image Credit: Soundtrap

オンラインの音楽・オーディオレコーディングスタジオを開発するSoundtrapが、600万ドルを調達したことを本日発表した(編集部注:原文掲載10月10日)。新しい国・言語へ展開を目指す。

今回の資金調達ラウンドは北欧のベンチャーキャピタルIndustrifondenが主導したが、元Spotify役員のPeter Sterky氏も投資家として参加している。これまでに同社が調達した合計額は850万ドルになる。

Soundtrapが描くアイデアは、アマチュアのミュージシャンのために、コラボレーションが可能なシンプルなオンライン録音サービスをつくることだ。クラウドをベースにしたサービスで、モバイルとデスクトップのOS上で機能する。

「ミュージシャンとして私たちが見つけた主な課題は、音楽制作ツールを使おうとしても、あまりにそれが複雑であるということでした」とCEO・コーファウンダーのPer Emanuelsson氏は言う。

だが、サービスのローンチ後は、ほぼ偶然ではあるが、このツールに価値を見出した世界中の教育者の間で人気となった。そのため、学生の情報収集と共有に関する規制に則った、教育者向けの特別バージョンのツールも新たに開発したとEmanuelsson氏はいう。

人気上昇の結果、GoogleもChromebookの教育サービスセットにこのアプリケーションを含めるようになり、Soundtrapの勢いに拍車をかけることになった。

Soundtrapは、追加の機能とストレージを月額7.99ドルで提供するコンシューマ向けのフリーミアムモデルのバージョンも提供している。月額4.99ドルの教育目的のディスカウントされたバージョンも用意している。

現在では50万ユーザーを集め、特に教育業界のニーズに応えるために奔走しているところであるとEmanuelsson氏はコメントした。

【via VentureBeat】 @VentureBeat
【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------