東南アジアの起業家と投資家をつなぐコミュニティプラットフォーム「BEAM」が、シードラウンドで数十万ドルを調達

by e27 e27 on 2016.10.13

beamandtinkbig

アジアのテックエコシステムで、ジャーナリスト・投資家・起業家らをつなぐことを目的としたビジネス連携プラットフォーム「BEAM」は、シードラウンドで数十万ドルを TinkBig Venture から調達した。

シンガポールとマレーシアに拠点を置く BEAM は、今回調達した資金を東南アジア、中でも特にシンガポールとマレーシアでのプレゼンス拡大に使う計画だ。

同社は、スタートアップや起業家が互いにつながり、ビジネスを成長させられるよう、プロフェッショナル・サービスを公開する計画だ。投資型クラウドファンディング・プラットフォームやエンジェル投資家とも協業し、彼らの投資のバリュエーション向上を支援する。

BEAM の創業者 Kenneth Ho 氏は、プレスリリースの中で次のようにコメントしている。

BEAM は、(投資家や起業家の)ビジネスを次のレベルに引き上げられるよう、最大限の価値をもたらしたいと考えています。

BEAM は2015年12月、毎月開催するネットワーキングイベントを運営するコミュニティとして誕生した。今年6月には、ビジネスでつながりを持てるよういするアプリをローンチしている。

BEAM はシンガポール、マレーシア、日本でイベントを運営しており、このスコープを近い将来、ベトナムやフィリピンにも拡大する計画だ。

Ho 氏は e27 に語ったところでは、BEAM のプラットフォームにおけるシンガポールやマレーシアからのユーザ数は2,000人に近づいており、これらのうちの5%が投資家やスタートアップ・イネイブラーだということだ。これまでに、スタートアップからは投資家への約300件の資金調達要望を受け付けている。

【via e27】 @E27co

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------