ビデオチャットに会話型コマースを取り入れるチャットアプリ「Tribe」が300万ドルを調達

by Khari Johnson Khari Johnson on 2016.10.14

Image Credit: Tribe
Image Credit: Tribe

ビデオメッセージングとチャットアプリを開発する Tribe が300万ドルのシードラウンドを終えたこと、そしてチャットアプリの新バージョンを出すことを本日発表した(編集部注:原文掲載10月12日)。このアプリは、2015年8月のローンチ以来50万以上のユーザーを獲得している。

Tribeはまた「拡張メッセージング」「マジックワード」なるものを追加したことを発表した。

Tribe 2.0 はユーザーの会話を聴き、ある製品やセレブリティ、スケジュール上のイベント、ブランド、映画タイトルなどのキーワードを認識すると、自然言語プロセスが会話をテキストに変換し、スクリーン上にその単語が表示される。

その単語を一度か二度タップすれば、アマゾン上の購入ページやカレンダー上へのイベント追加、ウィキペディアのページ、友人が住んでいる場所にかかわらずUberを呼び出せるなど、アクションを起こすことができる。

「Tribeは今回調達した300万ドルを自然音声処理や音声認識のさらなる研究に投じて、マジックワードのメリットを増やしたいと思います」Tribeの広報担当はeメールでVentureBeatでこう話した。

新バージョンのTribeにはパブリックとプライベートのグループ両方があり、音声をミュートしている際には、Googleの音声認識を使ってサブタイトルを表示することができる。

上:Tribe上の会話型コマースは感じのイメージ Image Credit: Tribe
上:Tribe上の会話型コマースは感じのイメージ
Image Credit: Tribe

私たちはグループでの利用にフォーカスした、初めての非同期ビデオメッセージプラットフォームを開発することで、古くなりつつある会話型メッセージングアプリのさらに先を行きます。友人、同僚、遠距離恋愛のカップルなど、どのような利用者にも、Tribeは動画によって毎日の会話を生き生きとさせます。

Tribeはこのように述べた。今回のシードラウンドはSequoia Capitalが主導しており、Ludlow Ventures、Partech Ventures、Kima Venturesが参加している。

【via VentureBeat】 @VentureBeat
【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------