中国版AirbnbのTujia(途家)、Ctrip(携程)とQunar(去哪)のホームステイビジネスを買収

by TechNode TechNode on 2016.10.31

Image Credit: 123RF Stock Photo
Image Credit: 123RF Stock Photo

中国版 Airbnb と言われる Tujia.com(途家)は水曜(10月19日)、バケーションホームレンタルビジネスの併合について中国オンライントラベルサービス2社、Ctrip(携程)および Qunar(去哪)と戦略的合意を交わしたと発表した。今年6月に買収した短期レンタルプラットフォーム Mayi.com(螞蟻) に続く Tujia の新たな動きだ。

同社によると、この買収により Ctrip と Qunar のホームステイチャンネルであるウェブサイト、アプリ、運営チームとビジネス全体が Tujia に統合されるという。取引の成立に伴い、Tujia は在庫、トラフィック、ブランディングや運営サポートを含む Ctrip と Qunar の幅広い恩恵を受けることになる。

同社共同設立者で CEO の Justin Luo 氏は、今後さまざまなオンラインブランドの融合、一括在庫管理、産業チェーン全体の改善に取り組む予定だと話している。今後の併合はすべてエコシステムと産業チェーンを完成させるためのものだと彼は加えた。

5年の開発期間を経て Tujia は中国における宿泊シェアリングプラットフォームの代表格となり、宿泊客、不動産デベロッパーと各ホストに統合的なソリューションを提供している。Tujia は日本、韓国、シンガポールと台湾にも事務所を構え、海外でビジネスを展開してきた。

また、Justin Luo(羅軍)氏は Tujia が今後5年間、継続的なエコシステムの構築と Tujia のオンライン・オフラインビジネスの分離という2つの面で重点的に取り組む計画だと発表した。

オンデマンドや O2O セクター同様、中国の宿泊シェアリング経済が成長段階へと突入し、スタートアップはリスクを嫌う投資環境の中で確固たる地位を維持する必要にかられることから、中国のテックスタートアップシーンでは次々と統合が行われている。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------