VR ビデオコンテンツのハブを目指した「Vrideo」がシャットダウンへ

by Jordan Novet Jordan Novet on 2016.11.25

vrideo-android-novet-930x698
Above: Vrideo on Android.Image Credit: Jordan Novet/VentureBeat

バーチャルリアリティビデオのハブになることを狙ったスタートアップの Vrideo は本日(原文掲載日:11月21日)、シャットダウンすることを発表した。

Vrideo は、Oculus Rift、SteamVR、PlayStation VR など、いくつかの VR プラットフォーム用のアプリを提供していた。 また、Google Cardboard ヘッドセットと Samsung GearVR で動作するモバイルアプリも同時に公開していた。 しかし、小さなスタートアップは影が薄く資金が枯渇してしまったようだ。

Facebook は360度の動画を引き続き推進しており、Google は YouTube 向けに 4K と 360度コンテンツの提供に力を入れている。

「Vrideo を始めたとき、Facebook はまだ Oculus を買収しておらず、Sony は「Project Morpheus」発表前、Google に至っては VR について話すらしていませんでした」。

Vrideo 創設者兼 CEO の Alex Rosenfeld氏はブログ・ポストで「この新たなメディアの誕生において、小さいながらも役割を果たすことは特権だった」と言及している。

Vrideo はロサンゼルスを拠点に2014年に設立された。200万ドルの資金調達を実施しており、投資家にはBetaworks と Lerer Hippeau Ventures が名を連ねる。

【原文】
【via VentureBeat】 @VentureBeat

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------