予約駐車場サービス「akippa」がトヨタと業務提携、ナビから空き駐車場を利用可能にーー未来創生ファンドから数億円の出資も

by Takeshi Hirano Takeshi Hirano on 2016.12.1

15227978_1224123601000720_1790471005_n

予約駐車場サービス akippa は12月1日、トヨタ自動車(以下、トヨタ)と業務提携を締結したことを発表した。また本件に関連して akippa はトヨタと三井住友銀行が出資する未来創生ファンドを引受先とする第三者割当増資を実施する。同社代表取締役の金谷元気氏によれば増資の詳細は非公開ながら「数億円規模」の出資になるということだった。

また、業務提携についてはトヨタが12月1日に開始するナビゲーションサービス「TCスマホナビ」に同社の予約駐車場サービスが組み込まれることになっている。利用ユーザーは今日から同ナビゲーションサービスを経由して akippa の駐車場予約を使うことができるようになっている。

また一部報道に掲載された通り、今後、トヨタの関連ディーラー等が所有するスペースを使った駐車や点検などのサービス提供も予定されている。サービスは東京や大阪などの首都圏を中心に開始され、順次全国展開していくことになる。

金谷氏によれば、今回の話はトヨタ側から新サービスのナビで駐車場を予約したいというリクエストから実現したのだそうだ。ちょっと裏話的ではあるが、仲介に入ったのが IoT 通信プラットフォームのソラコムだったというのも興味深い。トヨタはソラコムに対して akippa と同様、未来創生ファンドを通じて出資する関係にあると同時に、モビリティにおける通信サービスのグローバル展開を共に検証している。

国を代表する自動車産業のトップが空きスペースを駐車場にするシェアリングサービスや IoT クラウド通信のトップ・スタートアップたちと手を組んで大きなビジネスを仕掛ける姿は頼もしい。オープンイノベーションが叫ばれて久しいが、こういう実りある取り組みがもっと増えて欲しいと願いたい。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------