フィリピンのコワーキングスペース大手FlySpacesが、マレーシアの同業8spacesを買収——来年1月にはジャカルタに進出

e27 by e27 on 2016.12.5

flyspaces-philippines-team

右から5番目が FlySpaces 創業者 Mario Berta 氏、その左にいるのが 8spaces 創業者 Lais de Oliveira 氏。

Airbnb のオフィス版、または、商業スペース版の異名を持つ FlySpaces は、マレーシアを拠点とするコワーキングスペースのマーケットプレイス 8spaces を買収したと発表した。

マニラを拠点とする FlySpaces の創業者 Mario Berta 氏は e27 に対し、今回の買収が昨年8月に開催されたカンファレンス「Geeks on the Beach」以来続けられていたものであると語った。

8spaces が持つ地元知識や顧客のポートフォリオに加え、8spaces と FlySpaces は既にコーワキングの多くを共有している。しかし、8spaces はマレーシアにおいて、FlySpaces よりも認知されたブランドとなっている。

8Spaces の創業者 Lais de Oliveira 氏はエグゼクティーブチームに Chief Community Officer として参加し、FlySpaces のマレーシア市場と地域コミュニティの経営に注力することになる。

最も成長の速い地域のプレーヤーに参加することで、8spaces は力強いチームと協業するだけでなく、ミッションを達成することができるだろう。これは常に 8spaces が目指していた方向性だ。(Oliveria 氏)

プレスリリースによれば、買収は金額非開示の現金と株式によって実施された。

現在、FlySpaces はクアラルンプール、マニラ、セブ、シンガポール、香港の5都市に800を超える利用可能なスペースを提供している(編注:フランチャイズ展開による)。

同社のクライアントには、国際的なトップブランドである、ネスレ、ハイネケン、ユニリーバに加え、テック大手のグーグルや Uber などがいる。

Flyspaces は来年の1月までに、6番目にサービスを展開する都市としてジャカルタへの進出を計画している。

【via e27】 @E27co

【原文】

e27

e27

E27 は、アジアのテクノロジー業界に特化したメディアです。シリコンバレー・スタイルの、コミュニティ主導によるアジアのテクノロジー・イノベーションを牽引したいと考えています。年に一度、アジア最大のテックイベント「Echelon」を主催しています。

メールマガジンに登録すると、THE BRIDGEに掲載されたニュースや、スタートアップイベント情報をゲットできます!

人気ニュース