NY発の自動車連携デバイス開発スタートアップDash Labsが、Innovation Weekend Grand Finale 2016で優勝

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2016.12.5

iwgf-2016-top-award-winner-dash-labs

Innovation Weekend は、東京を拠点とするスタートアップ・インキュベータ、サンブリッジ グローバルベンチャーズが開催するショーケース・イベントだ。今年もニューヨーク、サンフランシスコ、ベルリン、大阪で予選イベントを開催し、各予選の優勝者や次点のスタートアップらが選ばれ、2日に東京で開催されたイベント「Innovation Weekend Grand Finale 2016」のピッチセッションに参加した。

ピッチセッションに参加したファイナリストたちのプロダクト、マーケット・ポテンシャルなどについて、簡単にまとめておきたい。

なお、入賞者の選定は審査員によるものではなく、本イベント一般参加者の投票によるものである。

【優勝】Dash by Dash Labs(Innovation Weekend 2016 NY 予選優勝)

副賞:NY⇄東京の往復航空券、Amazon Fire TV Stick

iwgf-2016-dash-labs

Dash は、スマートフォンと自動車を Bluetooth で接続できる、低価格の車載計測機器を設置することで動作する。運転スコア、エンジンに関する警告、メンテナンスに関するフィードバック、友人と運転技術を比べられるソーシャル・ゲーミフィケーションの機能等が提供される。保険会社が安全ドライバーに割安の保険料を適用したり、運転状況に応じた広告を提供したりするサービスを提供している。

Dash Labs は2013年に TechStars ニューヨークから輩出。2014年3月には、サイバーエージェントが Dash Labs に出資していたことを明らかにしている。

<関連記事>

【準優勝】Conichi by Hotel Beacons(Innovation Weekend 2016 ベルリン予選準優勝)

副賞:Amazon Fire TV Stick

iwgf-2016-runner-up-winner-conichi

Conichi は、ホテルで宿泊客のチェックイン・チェックアウトを高速化し、キーレスで入室できるソリューション。宿泊客とモバイルアプリとホテル側に設置したビーコンの連携により、宿泊客はホテルのフロントに近づくだけで、自動的に誰であるかを認識してもらえるほか、アプリから予想到着時刻なども簡単にホテルに伝えることができる。

宿泊客はモバイルアプリを使って事前決済ができるほか、ホテルにとっては CRM のしくみとしても機能する。これまでに、大手ホテルグループの HRS から790万ドルをシードラウンドで資金調達している。

<関連記事>

【準優勝】Ellipse by Velo Labs(Innovation Weekend 2016 SF 予選準優勝)

副賞:Amazon Fire TV Stick

iwgf-2016-runner-up-winner-velo-labs

Ellipse(以前の名前は SkyLock)は、自転車用のスマートロック。スマートフォンと連動し、キーレスでロック・アンロックができるほか、盗まれそうになっているとき、鍵を壊されそうになっているときには警報を伝えることもできる。アンロックに使うコードをオンラインで渡すこともできるので、自転車シェアリングのしくみとしても使える。スマートロックには太陽電池が備わっており、屋外に駐車している際に自動的に充電される。

これまでに3回のラウンドで約100万ドルを調達している。

<関連記事>

【Microsoft 賞】Review by Review(Innovation Weekend 2016 大阪予選準優勝)

副賞:Microsoft BizSpark Plus – Azure 12万ドル分

iwgf-2016-microsoft-award-winner-review

Review は、企業や地方自治体が求める視認情報を、調査スタッフがアプリを使って集めてくれる情報管理プラットフォーム。どこに空き地があるか、どこで工事が実施されているかなど、地図や航空写真ではわからない最新の土地情報を提供する。

【EY Japan 賞】enTouch(主催者特別推薦枠)

副賞:eラーニング・研修サービスの提供

iwgf-2016-ey-japan-award-winner-entouch

enTouch は、製薬会社と医師をオンラインで接続するプラットフォーム。従来の製薬会社の社員 MR が医師を訪問する方法に代えて、enTouch の社員となった MR が複数の製薬会社の営業活動を代行、インターネットを駆使して、テレビ電話などによりテレマーケティングする。診療時間終了後にアポを取る必要がある場合にも、フレキシブルに対応できるようになる。

【freee 賞】Review(Innovation Weekend 2016 大阪予選準優勝)/enTouch(主催者特別推薦枠)/MARUI-PlugIn(Innovation Weekend 2016 大阪優勝)

iwgf-2016-freee-award-winner-marui-review-entouch

enTouch、Review については前述済であるため、MARUI-PlugIn についてのみ紹介。

iwgf-2016-marui-plugin

MARUI-PlugIn は、CG やアニメの既存の制作ソフトウェアを、HTC Vive や Oculus Lift といった HMD に接続し、バーチャルリアリティ空間で、直感的に操作・コンテンツ制作できる環境を提供するプラグイン。SaaS モデルで月間2,000円で提供されている。


以下は、入賞には至らなかったものの、ファイナリストとして登壇したスタートアップのチーム。

Butterfly by Anonymessenger(Innovation Weekend 2016 SF 予選準優勝)

iwgf-2016-butterfly

Butterfly は組織内のチーム改善 PDCA サイクルを自動化するプラットフォーム。マネージャーが部下やチームの問題点や不満を把握し、改善するのを支援する。Butterfly のモバイルアプリは週に一度、チームメンバーに対し自動的にアンケートを実施。その結果がマネージャーにフィードバックされ、結果に応じた改善策がアプリからアドバイスされる。

Journy by Reksee(Innovation Weekend 2016 NY準優勝)

iwgf-2016-journy

Journy は、トップランクのシェフ、ソムリエ、地元のエキスパートの推薦をもとにテイラーメイドの旅行プランを作ってくれるサービス。ユーザの旅行に対する好みを理解し、どのようなアトラクションをどこで体験するとよいかを教えてくれる。必要に応じて、予約も代行してくれる。