PLENGoer Robotics、同社初となるパーソナル・アシスタント・ロボット「PLEN CUBE」を発表——CES 2017で世界初公開へ

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2016.12.16

plencube_featuredimage

大阪を拠点とするロボティクス・スタートアップのプレンプロジェクトは今年3月、中国の家電メーカー Goertek(歌尔声学)とのジョイントベンチャー PLENGoer Robotics を設立した。そのときに公開されたプロモーション・ビデオには、年内にも新会社初のプロダクトが披露されることが謳われていた。

その宣言通り、PLENGoer Robotics は15日、同社初のパーソナル・アシスタント・ロボット「PLEN CUBE」の写真、機能、スペックなどを公開した。PLEN CUBE は現在も開発中だが、来年1月にラスベガスで開催される CES 2017 で、そのプロトタイプの展示とデモンストレーションが実施される予定だ。

plen-cube-open

PLEN CUBE は一辺が約7.5cmの直方体で、カメラ、ディスプレイ、スピーカー、マイクの機能を備えている。フェイストラッキング、音声認識、ジェスチャー認識などの機能を搭載、特別な設定無しで、声とジェスチャーで PLEN CUBE に指示を与え、静止画や動画の撮影、保存、オンライン上での配信、共有が可能になる。現時点でプロダクトは完成しておらず、同社では CES 2017 出展を経てフィードバックをもとに改善し、クラウドファンディングを実施。2017年夏頃に製品版を完成させ、本格販売を開始したいとしている。

myojowaraku-2016-plen
2016年11月、明星和楽2016に出展していたプレンプロジェクトと PLENGoer Robotics

プレンプロジェクトはこれまでに PLEN2 というヒト型ロボットをリリースしているが、PLEN2 がオープンソースでユーザによるカスタマイズに主眼が置かれていたのと対照的に、PLENGoer Robotics は実用的な家庭・個人用のサービス・ロボットの開発にフォーカスしており、その初プロダクトとなる PLEN CUBE については、実用的な機能、カメラおよびカメラに関する情報処理(コンピュータビジョン)を重視した作りとなっている。

<関連記事>

以下のビデオは、11月の深圳国際工業設計大展で披露された、PLEN2 と PLENGoer Robotics の試作品「PLEN.Q」のデモ。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------